Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル OSqlEdit
URL http://www.hi-ho.ne.jp/a_ogawa/
バージョン 8.1.5.4   8.1.5.1   8.1.4.6   8.1.4.5   8.1.4.4   8.1.4.2   8.1.4.1   8.1.4.0   8.1.3.1   8.1.2.4   8.1.2.2  
更新日 2010/04/20
追加日 2013/08/17
種別 シェアウェア(3800円)
説明 Oracle用のSQLエディタ。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2010/04/20 ver 8.1.5.4

ver.8.1.5.4 (2010-04-19)
<機能改善>
・sql libraryのdevelop\analyze_table.sqlで、小文字のテーブル名に対応
・グリッドの選択範囲の最大値、最小値をステータスバーに表示するとき、
3桁ごとにカンマを表示するようにした
<バグ修正>
・シノニムの検索結果を表示しているとき、Update文作成/Delete文作成機能が
正しく動作しない
・ファイルを保存したとき、タブ上の×ボタンが消えることがある

2010/03/01 ver 8.1.5.1

ver.8.1.5.1 (2010-03-01)
<機能改善>
・OCI7の接続で、INTERVAL DAY TO SECOND, INTERVAL YEAR TO MONTHデータ型に対応
<バグ修正>
・オブジェクト型の検索で、TYPE名が正しく表示されないことがある
・タブに名前を付ける機能で、名前に:などファイル名に使用できない文字を指定
したとき、ファイル保存が動作しない

2010/01/27 ver 8.1.4.6

ver.8.1.4.6 (2010-01-25)
<バグ修正>
・テーブルのソース取得で、データ型がNCHAR/NVARCHAR2のとき、データ長に
CHAR/BYTEを出力しないようにした

2010/01/22 ver 8.1.4.5

ver.8.1.4.5 (2010-01-21)
<バグ修正>
・コメントの編集機能で、コメント欄の列名がDATA_DEFAULTになる

2009/12/18 ver 8.1.4.4

ver.8.1.4.4 (2009-12-17)
<バグ修正>
・正規表現の検索で、'\l'が動作しない
<機能改善>
・テーブルのソース取得で、カラムのCHAR_USEDの定義がNLS_LENGTH_SEMANTICSと
異なるとき、データ長の定義にCHAR/BYTEを出力するようにした

2009/12/08 ver 8.1.4.2

ver.8.1.4.2 (2009-12-07)
<バグ修正>
・右のタブを全て閉じるメニューなどで、全て保存しないを選択した以降、個別の
タブを閉じるときに確認ダイアログが表示されなくなる

2009/11/27 ver 8.1.4.1

ver.8.1.4.1 (2009-11-26)
<バグ修正>
・右のタブを全て閉じるメニューなどで、変更保存の確認ダイアログでキャンセルした
とき、正しく動作しない

2009/11/25 ver 8.1.4.0

ver.8.1.4.0 (2009-11-25)
<機能改善>
・タブの右クリックメニューに、左のタブを全て閉じる、右のタブを全て閉じる、
他のタブを全て閉じるを追加

2009/11/07 ver 8.1.3.1

ver.8.1.3.1 (2009-11-06)
<機能改善>
・代替引用符を含んだSQLに対応
・一度にfetchする最大レコード数を設定できるようにした(オプション->機能タブ)

2009/10/08 ver 8.1.2.4

ver.8.1.2.4 (2009-10-06)
<バグ修正>
・!get_sourceコマンドで、引数の数が足りないとき異常終了する
・!grid_diffコマンドで、差分が大きいとき異常終了する

2009/10/01 ver 8.1.2.2

ver.8.1.2.2 (2009-10-01)
<バグ修正>
・Ctrl+Tabに次のウィンドウを割り当てている場合に、グリッドにフォーカスがあると
正しくウィンドウが切り替わらない
・バージョン情報ダイアログで、OCIライブラリの表示欄をテキストボックスに変更
・!get_sourceコマンドで、テーブル名に小文字を含む場合に、ソースが取得できない