Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル TaskMuEx
URL http://home.att.ne.jp/delta/hrymkt/
バージョン 1.560   1.580   1.540   1.450   1.440   1.430   TaskSwch   1.412   1.410   1.400   1.320  
更新日 2017/06/10
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 タスクリストをメニュー表示してタスクを切り替えるツール。非常駐。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2017/06/10 ver 1.560

最新版 2017/06/10
Win 98 / Win NT 4.0 / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 10 特別なランタイムはいりません。
メニューの出ている時の アクセラレーション キー としての Space キーは /F オプションで立ち上げた
時には メニューの最初のプログラムを選んだ事と同じで メニューの最初のプログラムを終了させます。
/F オプション が無い時には通常の キーと同様に 最初が Space の物を選択した事になります。
最初が Space の物が無い時には 最初のプログラムを選択して メニューを消します。
・・TaskMuEx.EXE [/W][/M][/P][/S][/L][/F] [/200,300] ([/200.300])
・/S で 最小化されている ウィンドウはメニューに入れません。
ウィンドウ )を一つだけ選択した時に此をクローズします。メニューを選択した時に X 付きのカーソルに
なります。
2017/06/10 Ver 1.560
タスクメニュー表示時のキーアクセラレーションの内部メッセージ処理するコードを確実にキーキャラクターを
区別出来る方法に変え Space キーの扱いもはっきりと分けました。
Windows 10 環境でフォアグラウンドウィンドウにするタイミングが早すぎてミスする事が有るので余裕を
持たせました。
最新版 06/10 2017 Ver 1.560 Size 10 kb

2016/09/05 ver 1.580

最新版 2016/09/05
2016/09/05 Ver 1.550
タスクメニューを出してからこのアイテムを選択した時にウィンドウを識別するのに タイトルバーの色を
変えるのを余分なウィンドウまでしてしまいその影響が出るのを修正しました。
最新版 09/05 2016 Ver 1.580 Size 10 kb

2016/02/05 ver 1.540

TaskMuEx
最新版 2015/08/05
【ソフト紹介】
タスクリストをメニューにしてタスクを切り替える物です。Windows が本来持っている Alt + Tab とかメニューバーはタスクの数が多くなると非常に解りにくくなると言う事で CabFixerのタスクスイッチャー機能だけを取り出して分かり易い様にアイコンを付けた物です。
タスクメニュー表示
【 特徴 】
常駐しないで現存するタスクリストをメニューにしてすぐ終了します。
【 動作環境 】
Win 98 / Win NT 4.0 / 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / ( 10 ) 特別なランタイムはいりません。
【 インストール/アンインストール方法 】
適当なところに置いて適当にショートカットを作ってください。
アンインストールは実行ファイル TaskMuEx.EXEを削除してください。他には何も記録しません。
【使用方法】
ただ立ち上げてください。全てのタスクリストをメニューにします。
淡色表示になっている物は最小化されている物です。
赤丸にXのアイコンが表示されている物は多分ハングアップしている物です。
メニューの順序は 上の物が上位ウィンドウとなっています。
後はメニューを左クリック選択すればそのタスクが一番上の作業タスクになります。
Shift を押していると最小化している物終了を指定した物を全て正常化してから選択タスクを
(省略されました)

2012/02/21 ver 1.450

最終更新日 2012 02/21
私が個人的趣味で自分自身が使用するために作ったプログラムの内で他の方が使用しても便利だろうと思われる
下記のソフトは Windows XP / Vista / 7 で動作確認をしています。( 以前には Win 2000 でも出来たのですが
[ 02 / 01 の一言 ]
本日の CabFixer このプログラムの主目的は Windows XP までは 新しく開かれたフォルダーを自動的に
統一表示にする物でしたが Windows Vista から表示方法が変わり 又 セットした表示も安定して持続する様になり
此のプログラムの最初の主目的からは外れてきたのですが 他の デスクトップでの便利機能も捨てがたく
フォルダーの統一機能は Win XP 以前だけに絞る事にしてリファインし Vista 7 にも対応しました。
 また タスクスイッチャー 機能もフォルダー重視から全てのタスクを対照とする TaskSwch と同様な
機能にして汎用性と使い勝手を高め 以前と同様に左クリックメニューに振り付けてあります。
[ 01 / 27 の一言 ]
 何となく誤解をされていた様なのですが此までの EjctClse は USB メモリーを取り外す準備をして
取り外しても安全にはしますが 取り外しませんでした。したがって XP や Vista では 取り外すと しかれれる
事になります。( Window 7 ではそもそも無い。) そこですっきりさせる為に本日 EjctClse に USB メモリーを
取り外す機能までする /U オプションを付けました。此ですると ・・・は取り外す準備が出来ました と言う
チップが出て システム的には取り外した事になります。驚いた事に Windows 7 でもわざわざ 此の
・・・は取り外す準備が出来ました と出るのでかえって EjctClse を使用した方が精神安定上良いのではないかと
思ったりします。
[ 公開ソフト ] 今のところ 32 個 ぐらい。( 他に プログラミング
(省略されました)

2011/05/31 ver 1.440

最終更新日 2011 05/31
下記のソフトはWindows XP / Vista / 7 で動作確認をしています。( 以前には Win 2000 でも出来たのですが
現在は ダメ です。又 大きく変わった時には 98 でも動作確認済みです。)
[ 05 / 16 の一言 ]
UNLHA32.DLL 作者の Micco さんの「お知らせ」 後も ( 2010年6月5日公開 ) 私個人は UNLHA32.DLL
を使用していて 特に アーカイバ形式を lzh から変える気も 必要性を感じる事も有りませんでした。
しかし 何となく 全体の流れが 利用しない様な方向になってくると まあ 変えた方がいいのかなと言う気に
なって来ていました。
又 zip 形式で定型作業をこなす用意も整ったので 本日からの新規ソフトと バージョンアップについては
( MousePos.zip ) zip 形式に変えていく事にしました。
此の事は 自分が内部で使用するのも zip にすると言う事では無く あくまで此処に上げる アーカイバ形式を zip に
すると言う形式的な事です。どちらにしても ダウンロードした 配布アーカイバ形式が zip に変わろうと
現在の解凍ソフトは自動的に判断してくれるので 解凍は同じ事だろうとは思います。
この辺の事は [テクニカル インフォメーション ] に書きました。
[ 05 / 21 ] Zip 7z でも 圧縮 解凍 の定型作業をこなせる様にした LHAComp をアップしました。
05/31 「TaskSwch 1.440」
( DownLoad 11 KB ) <
詳細説明 >
    タスクリストをメニューにしてタスクを切り替える物です。(
(省略されました)

2011/02/11 ver 1.430

最終更新日 2011 02/11
[ 02 / 11 の一言 ]
画面の上で ( デスクトップ上で ) 有るウィンドウを右上端 とか 右下端 に ピタッと揃えたい用途がありまして
PosWindow の 整列目標コーナーに右下も加える様にしました。( 今までは 整列目標コーナーは左上だけでした。)
この為 整列位置の柔軟性がかなり上がりました。とは 言っても必ず コマンドライン は必要なので何らかの補助
にしかならないのですが ショートカットをうまく工夫すれば 補助だけではなさそうな用途もありそうです。
この活用の為 今までは Scriptac K_Launch StartQut の スクリプトに PosWindow の Window 指定の
クラス名,タイトル 取得の 補助プログラムの ClasTitl も使用しやすくして 表に出しました。
02/11 「PosWindow 1.200」
(DownLoad 4 KB ) <
詳細説明 >
    コマンドライン 若しくは Shift キー で指定ウィンドウの位置を移動するプログラム。
02/11 「ClasTitl 1.300」
(DownLoad 4 KB ) <
詳細説明 >
    指定ウィンドウの クラス名,タイトル を取得する 補助プログラム。
02/07 「FileNOer 2.326」
(DownLoad 36 KB ) <
詳細説明 >
(省略されました)

2011/02/02 ver TaskSwch

ソフトの小物たち
最終更新日 2011 02/02
  ここで
私が個人的趣味で自分自身が使用するために作ったプログラムのうちで他の方が使用しても便利だろうと思われる
ソフトを 2002/04 ( 他では 1998/02 )より 公開の場として引き継ぎました。
下記のソフトはWindows XP / Vista で細かい動作確認をしています。( 以前には Win 2000 でも出来たのですが
現在は ダメ です。又 大まかには 98 / 7 でも動作確認済みです。)
規模の大きいソフトはないですが、日常有ればちょっと便利かなと言うソフトです。此処にあるソフトは全て
フリーソフトで大したサイズでもないし他のランタイムファイルも必要としないので 気軽にダウンロードして試用して
気に入ったら常用して見て下さい。又、このページへのリンクも自由にしていただいてかまいません。
プログラムに興味の有る方はあまり進んでいませんが
下の方 も覗いてみて下さい。
[ 02 / 02 の一言 ]
TaskMuEx TaskSwch で 最上位表示 Window は メニューに入れない /M オプション をしていないと常に此の
最上位 Window が 最初に来て フォアグラウンド Window が此の後に来てしまうのを フォアグラウンド Window が
常にメニューの最初に来る様に修正しました。私自身 常に /M オプションで使用していたので気が付きませんでした。
此で /F オプション も常に意味を持つ様になり使いやすくなったのではないかと思います。
[ 公開ソフト ] 今のところ 30 個 ぐらい。( 他に プログラミング
チップス にも少々 )
(省略されました)

2009/08/16 ver 1.412

2009 08/16
 [ 07 / 24 の一言 ] 
05 / 14 から
  Windows 7
確認環境が出来ました。遅まきながら Vista
のページ
を改訂して Windows 7 対応に
ついて書きました。
  08/16 「TaskMuEx 1.412」 (DownLoad 8 KB ) < 詳細説明 >
  08/14 「TaskSwch 1.412」 (DownLoad 11 KB ) < 詳細説明 >
 
   タスクリストをメニューにしてタスクを切り替える物です。(
補助プログラム TaskMenu 08/14 )
  08/10 「FileNOer 2.302」 (DownLoad 35 KB ) < 詳細説明 >
 
   ファイルに連番をつけて コピー 移動
名前変更 を行います。拡張子も変えられます。
  08/06 「ClipSaver 3.304」 (DownLoad 64 KB ) < 詳細説明 ( Win 95 98 ME 専用
DLL 有 ) >
(省略されました)

2009/05/27 ver 1.410

2009.05/27
 [ 05 / 16 の一言 ] 
   本日の ClipName
より 表の物は Windows NT 系 ( NT4.0 2000 XP Vista NT )
にしてあります。
  Windows 95 98 ME
環境の方は 各ページにある For All Windows
を別途ダウンロードして上書き
して使用して下さい。
  (
あまり意味は有りませんが All Windows
用はもちろん NT4.0 2000 XP Vista でも動きます。)
  [ 05 / 20
の追記 ]
   本日の ClipSaver
より 同梱の ClipSaver.dll は Windows NT 系 ( NT4.0 2000 XP
Vista NT )
  にしてあります。Windows
95 98 ME 環境の方は 各ページにある ClipSaver.dllFor
(省略されました)

2009/05/08 ver 1.400

2009.05/08
Windows 2000 / XP で細かい動作確認をしています。(
以前には Win 95 98 でも
出来たのですが現在は 95 は X です。又
大まかには 98 Vista でも動作確認済みです。)
 [ 04 / 01 の一言 ] 
 此まで此処に有ったプログラムは Win 98
のメモリー管理法に最適化されて Win98 環境での
 
立ち上げ速度を稼ぐ
オプションでリンクされていましたが Win 98環境も少なくなって来たので
  本日 04 / 01 以降
此のオプションはやめて
サイズを縮小する事にしました。
  この辺の事は テクニカル
インフォメーション に書きました。
  又、Win 98 (
全ての環境で動く ) と Win NT ( 2000 XP Vista )
だけで動く物が有る場合も
(省略されました)

2008/11/20 ver 1.320

2008.11/20
 [ 11 / ?? の一言 ] 
 現在特に一言は有りませんが結構プログラム的な自分の中では充実したアップが続いています。
26 個 。( 他に プログラミング チップス にも少々 )
  11/20 「TaskMuEx 1.320」 (DownLoad 8 KB ) < 詳細説明 >
  11/20 「TaskSwch 1.370」 (DownLoad 11 KB ) < 詳細説明 >
  11/16 「ClipSaver 3.200」 (DownLoad 63 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用
DLL 有 ) >
 
   テキストクリップボードの
経歴を取りその保存と他のプログラムに貼り付け。
  11/12 「SetDetail 2.434 (DownLoad 21 KB ) < 詳細説明 >
 
   開かれたフォルダー自動的に詳細表示にします。(
機能縮小版 の OnlyDetl は 詳細説明 の中です。)
  11/12 「CabFixer 2.434」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 >
 
   開かれたフォルダー自動的に指定表示にする
SetDetail の汎用版 プラス &alpha です。
(省略されました)