Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル Fire File Copy
URL http://www.k3.dion.ne.jp/~kitt/index.html
バージョン 4.4.1   4.3.2   4.3.1   3.11.1   3.9.2   3.9.1   3.8.6   3.8.5   3.7.1  
更新日 2006/04/12
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 空きメモリを利用して、ファイルを高速にコピー(移動)するツールです。HDDにやさしく、ファイルコピー時の「ガガガガ...」という音も激減。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2006/04/02 ver 4.4.1

06/4/24.4.1
(4.4.0)ログファイルの作成条件を「イベント時のみ作成」にしていても、ログファイルが作成されてしまうのを修正
(4.3.0?)(UNICODE版)副ストリームコピーが有効のとき、同一ドライブモード(Aモード)で強制終了することがあるのを修正
(4.0.0?)処理完了後のタスクで<L>を単独で指定している場合、ログのパスに空白が含まれていると、実行に失敗する不具合を修正
06/3/264.4.0(4.4.0.7)
処理前のファイル登録(ファイル情報取得)を別スレッド化した(ファイル登録中、UIを固まらないようにした。またGoボタンを押すのに、ファイル登録完了を待つ必要がなくなった)
ファイル登録をEscでキャンセルできるようにした
キューイング待機時、強制的に処理開始できるようにした(タスクバーのメニュー→「今すぐ処理開始」)
キューイング動作はコマンドライン or シェル拡張時のみ可能だったが、通常起動時でもキューイングできるようにした
ログファイルの、処理したファイル量の項目を整理し「総ファイル=正常に書き込んだ分+上書きせずスキップした分+エラーによりスキップした分」となるようにした
固定のログファイル名を許すようにした。(これまでは処理開始時にエラーとしていた)これに伴い、同名のログファイルがあったときの動作として、[追記][上書][非上書き]を設定できるようにした(設定→ログ)
ログファイルのデフォルトの作成場所をFFC.exeと同じフォルダのlog\にした
ベリファイ等の一時ON/OFFを、ダイアログ左下のメニューではなく、ダイアログ上のボタンでできるようにした
ベリファイ時、ハッシュ値をテキスト出力できるようにした(設定→ベリファイ)また /vflオプション(ハッシュ値出力付きベリファイ)の追加
細かいファイルのパフォーマンスチューニング用に、ライトバッファリング関係のパラメータを調節できるようにした。またデフォルト値の変更 (設定→エンジン2→WRITEバッファリング→詳細設定)
device.ini設定のGUI化(↑のパラメータやドライブID、ベリファイON/OFFなど)
処理中止する際に確認ダイアログを出すかどうかを選択できるようにした(設定→起動と終了)
処理中・待機中は、ウィンドウタイトルに処理元/処理先パスを表示するようにした
処理中にファイルリストダイアログを開いたときの挙動を改善
(省略されました)

2005/11/07 ver 4.3.2

05/11/074.3.2
(UNICODE版)NTFSストリームのコピーを有効にしていると、処理元NTFS以外→処理先NTFSの場合でもストリームを読み取ろうとしてエラーになる不具合を修正
(ANSI版)ネットワークドライブに対し、フォルダのタイムスタンプをコピー処理を行おうとしていたので、処理しないように修正
フォルダの上書き確認を有効にしていると、確認が二回出ることがあるのを修正
処理先がFAT32のとき4GBギリギリのファイル、UDFのとき4GB以上のファイルをコピーできない不具合を修正
Cモードで移動時、処理先の削除タイミングを「WRITE後すぐ」にしていたときに「処理先ファイルが使用中」というエラーが出ることがある確率を低減
ベリファイ有効のとき、処理先に作業用の空フォルダが残ることがあるのを修正
上書きしなかった場合など、ファイルをスキップした場合に、転送速度表示や、残り時間表示が狂うのを極力修正
コマンドラインで、ワイルドカードと除外ファイル指定が組み合わさったときの挙動を改善(結果をより直感的にした)
処理先選択ダイアログの、履歴/登録フォルダのコンボボックスで、パスが長いと、表示が途中で切れてしまう不具合を修正(メインダイアログのそれのように、複数行で表示するのが本来の仕様)
▽メニューの、拡張処理→ベリファイの挙動を改善(ベリファイがdevice.iniで有効になっているときに、このメニューで一時的にOFFすることができなかった)
ファイルをリネーム後、すぐに処理をキャンセルすると、リネームされたファイルが削除されない場合があったのを修正
「CDドライブ等からコピー時、読み取り専用を外す」と、フォルダのタイムスタンプの処理が両方有効のとき、フォルダの読み取り専用属性が外れない不具合を修正
別ドライブ(Cモード)で、バッファサイズの整数倍のサイズのファイルの処理時に、「メモリロケーションへのアクセスが無効」というエラーが出ることがあったのを修正
その他、細かな修正とチューニング
DateVersion内容
上書き確認時に「新しければ?>」「古ければ?」というように条件を指定できるようにした(上書き確認ダイアログで「条件>>」ボタンを押してみてください)

2005/09/16 ver 4.3.1

05/ 8/224.3.1
(4.3.0)設定で「移動時同じドライブなら警告」が有効だと、物理ドライブが同じで別パーティションの移動のときも警告してしまっていたのを修正
(4.2.0β?)ネットワークドライブやUNCパスに対し、device.iniでのベリファイ指定(verify=1)が効かなかったのを修正
(ANSI版)設定ダイアログの文字が切れている箇所が多々あったのを修正
設定で、転送速度を「読み書きの平均」にしていると、Cモード時の転送速度が実際の倍で表示されるのを修正
Fromのお気に入りフォルダが正しく認識されないのを修正
05/ 8/124.3.0
「移動」や「同期」を選択した場合、処理開始前に警告できるようにした(設定→起動と終了)
コマンドラインやシェル拡張D&Dの処理で、特定キーを押しながら起動すると、自動的に処理開始しないようにした(処理前に、各種設定を行いたい場合など)
完了後のタスクでBEEPを鳴らせるようにした(!sound6)
ベリファイ、副ストリームのコピーなどを、ダイアログのメニューからOn/Offできるようにした
4.2.0βから起動にmsvcp60.dllが必要(素のWin2000やWin98には入っていない)だったが、非使用にした
転送速度表示について「転送速度」「読み書きの平均」が互いに逆に表示されていたのを修正
(4.2.0β?)副ストリームのコピーが有効にならなかったのを修正
(4.2.0β?)B/CモードでREADハンドル数>1の設定だと、ベリファイ有効で移動したときに、処理元の削除時にエラーメッセージが出ることがある不具合を修正
05/ 8/ 54.2.2β
(4.2.0β?)エクスプローラの背景部分で「FireFileCopyで貼り付け」をすると、エクスプローラが落ちることがあったのを修正
(4.2.0β?)ログの「Verify:YES/NO」の項目が間違っていたのを修正
(4.2.0β?)ベリファイ時、Win9xでディスクのキャッシュフラッシュの処理が抜けていたのを修正
(省略されました)

2004/10/11 ver 3.11.1

■ 変更履歴
?機能追加/改善
?バグ修正
DateVersion内容
2004/9/153.11.1
(3.11.0)下から4番目の項目が修正されていなかったので改めて修正
(3.10.0?)フォルダの更新日時はコピーされるが、作成日時がコピーされなくなっていたのを修正
(3.10.0?)読み取り専用属性がついたフォルダのタイムスタンプがコピーされない不具合を修正
(3.9.0?)除外ファイル指定で ;\dir dir などとするとdir自体が除外されてしまうのを修正。(フォルダはサブフォルダのみにマッチするようにしたので ;\* dir と指定すればdir中のサブフォルダをコピーしない、といったことが可能)
DateVersion内容
2004/9/123.11.0
上書き確認時、比較アプリケーションの自動実行の設定を次回起動時にも適用するかどうかを選択できるようにした [設定→アプリケーション]
登録した処理元フォルダは、そのフォルダ自体を処理するように動作変更した (従来は登録したフォルダをエクスプローラなどで開くことしかできなかった)
↑にともない、処理元の登録フォルダ/ファイルを|区切りで複数指定できるようにした
処理先のお気に入りを変更したら、すぐにコンボボックスの中身に反映するようにした
書き込み要求を、ある程度のバイト数で分割するようにした (相性の悪いドライバが悲鳴を上げる確率が減ったかも)
(3.10.0)処理完了後「何もしない」を文字列として実行しようとする不具合を修正
(3.10.0)処理完了後のタスク実行時に、強制終了する不具合を修正
(3.10.0)フォルダのリネームコピーで名前が衝突した場合、リトライに失敗する不具合を修正
(省略されました)

2004/02/05 ver 3.9.2

2004/2/5
Fire File Copy v3.9.2
 [ ダウンロード (247kB) ]
2/5:3.9.2
2/1:3.9.1
2004/1/9:3.9.0β
10/9:3.8.6
10/1:3.8.5
7/17:3.8.0β
3/28:3.7.1
2003/3/17:3.7.0β
11/13:3.6.0
10/ 1:3.5.2
9/21:3.5.0(×)
7/ 7:3.3.0
6/27:3.2.1
6/26:3.2.0
6/17:3.1.0β
6/11:3.0.1β
(省略されました)

2004/02/01 ver 3.9.1

差分がありません

2003/10/09 ver 3.8.6

差分がありません

2003/10/01 ver 3.8.5

差分がありません

2003/08/04 ver 3.7.1

差分がありません