Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル GetWinTx
URL http://home.att.ne.jp/delta/hrymkt/
バージョン 2.000   1.580   1.430   1.420   1.410   1.400   1.312   1.310   1.305   1.304   1.302  
更新日 2016/10/05
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 Window の持つ通常はコピー出来ないテキストを取得してクリップボードにコピー。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2016/10/05 ver 2.000

最終更新日 2016 10/05
2016/10/05 Ver 2.000
テキスト取得を UNICODE テキストを 直に取得する様にして Windows との親和性 効率を高め ANSI に無い文字でも
文字化をしない様にしました。
多数アイテム取得時の区切り記号を Tab から カンマに変える コマンドライン /CMM を加えました。
内部的なバッファが見込みでオーバーしないのではなく 実際にオーバーしない確実なコードに変えました。
最新版 10/05 2016 Ver 2.000 Size 10 kb GetWinTx のダウンロード
( 同梱の GetWinTx.exe は Win NT 専用 です。)

2016/02/05 ver 1.580

GetWinTx
最終更新日 2016 01/05
【概要】
他の Window の持っている通常はコピー出来ないテキストを取得してクリップボードに代入します。
【動作環境】
日本語 Win 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 10 ランタイムは特に必要有りません。
【インストール/アンインストール方法】
適当なところに置いて下さい。そこから ショートカットを張って使用して下さい。( 直でも良いですが )
アンインストールは単にファイルと 作成したショートカット等を削除して下さい。
他には何も残しません。
【使用方法】
立ち上げると何も出ませんが 欲しいテキストのあるWindow 上に マウスカーソルを合わせて Shift キー
を押して下さい。押した時点でマウスカーソル 直下のWindow の持つテキストが
取得出来れば テキストクリップボードに代入します。
予め場所を指定して置きたい時には その場所をマウスカーソルで指定してCtrl を押しておいて下さい。
Shift キー を押した時の マウスカーソル とは関係なく予め指定した場所のテキストを取得します。
マウスカーソルの場所によってテキストが変わってしまう様なステータスバー等に使用して下さい。
取得できた時には 一般の Beep 音が鳴ります。取得出来ない時には警告音が 鳴ります。
( UAC 関連で取得出来なかった時には システムの警告音になります。)
(省略されました)

2010/02/10 ver 1.430

2010 02/10
   ここで 私が個人的趣味で自分自身が使用するために作ったプログラムの内で
  便利だろうと思われるソフトを
2002/04 ( 他では 1998/02 )より 公開の場として引き継ぎました。
  出来たのですが現在は
95 は X です。又 大まかには 98 Vista でも動作確認済みです。)
  規模の大きいソフトはないですが、日常
  此処にあるソフトは全てフリーで大したサイズでもないし
  ので 気軽にダウンロードして試用して
  又、このページへのリンクも自由にしていただいてかまいません。
  プログラムに興味の有る方は
 [ 02 / 10 の一言 ] 
   おそまきながら
IE7 IE8 をインストールして試してみました。GetWinTx で タブ型の IE
でも変わりなく
  取得できるテキストは出来るのですが IE8
で多少の不具合が出てしまうようです。( IE8 の方に出る
)
  本日の GetWinTx は此を修正し
(省略されました)

2009/09/15 ver 1.420

2009 09/15
  09/15 「GetWinTx 1.420」 (
  09/11 「ExitWndw 1.310」 (DownLoad 10 KB) < 詳細説明 >
 
   メニューを出して ウィンドウを終了 + α
する時に ちょっと何かが出来るソフトです。
  09/05 「SubFolder 1.212」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
です。)
 
   全てのフォルダー / ファイル
をメニューを追う事で 6
個まで同時に開く事が出来ます。
     ( 常駐部分
SubFoldJO.exe Ver 1.314 09/05 '09 )
  09/02 「SbFolder 2.512」 (DownLoad 28 KB ) < 詳細説明 >
 
   全てのフォルダー / ファイル
をメニューを追う事で 6
個まで同時に開く事が出来ます。
(省略されました)

2009/08/20 ver 1.410

2009 08/20
 [ 07 / 24 の一言 ] 
 マイクロソフトが Windows 7 RC
版のダウンロードサービスを始めてくれたので
05 / 14 から
  Windows 7
確認環境が出来ました。 Vista のページ に Windows 7
対応について書いています。
 [ 08 / 20 の一言 ] 
   GetWinTx の
コマンドラインに 実行待ち時間指定
オプションを組み込みました。
立ち上げを色々出来る方にはおもしろい使用法が出来るかもしれません。
  08/20 「GetWinTx 1.410」 (
  08/16 「TaskMuEx 1.412」 (DownLoad 8 KB ) < 詳細説明 >
   タスクリストをメニューにしてタスクを切り替える物です。(
その都度立ち上がり常駐しません。)
  08/14 「TaskSwch 1.412」 (DownLoad 11 KB ) < 詳細説明 >
 
(省略されました)

2009/04/22 ver 1.400

2009.04/22
Windows 2000 / XP で細かい動作確認をしています。(
以前には Win 95 98 でも
出来たのですが現在は 95 は X です。又
大まかには 98 Vista でも動作確認済みです。)
 [ 04 / 01 の一言 ] 
 此まで此処に有ったプログラムは Win 98
のメモリー管理法に最適化されて Win98 環境での
立ち上げ速度を稼ぐ
オプションでリンクされていましたが Win 98環境も少なくなって来たので
  本日 04 / 01 から
此のオプションはやめる事にしました。
  この辺の事は テクニカル
  又、Win 98 (
全ての環境で動く ) と Win NT ( 2000 XP Vista )
だけで動く物が有る場合も
  表の方に Win NT (
2000 XP Vista )
専用版を置く事にしたいと思います。
(省略されました)

2008/08/01 ver 1.312

2008.08/01
  [ 07/15 ] ClipSaver.dll
も同様の改善をしました。
  08/01 「GetWinTx 1.312」 (DownLoad 7 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用 プログラム 有 ) >
  07/29 「StartQut 1.204」 (DownLoad 22 KB ) < 詳細説明 >
 
   時間カウントアップ機能 時限機能 付き
複数プログラム立ち上げソフトです。
  07/15 「ClipSaver 3.192」 (DownLoad 63 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用
DLL 有 ) >
 
   テキストクリップボードの
経歴を取りその保存と他のプログラムに貼り付け。

2008/07/13 ver 1.310

2008.07/13
 [ 07/13 の一言 ] 
  此まで GetWinTx は
子ウィンドウを探し確認する所はウィンドウズ
API の列挙関数で行っていたのですが
  此だと
タブで切り替えるタイプのウィンドウ (
タスクマネージャー等 ) では上下の関係が把握できずに
タブで重なった子ウィンドウを決定する事が出来ませんでした。此の
子ウィンドウズの列挙を内部的な
コードで行う様にしてタブで切り替えるタイプのウィンドウでもかなり正確に
又 効率よく決定出来る様に
 
なりました。だだし
自前の順序を付けた列挙なので取りこぼし ( ??? )
が有るかもしれません。
  此の辺の事は テクニカル
インフォメーション に書きました。
 
(省略されました)

2008/05/26 ver 1.305

2008.05/26
 [ 05 / 06 の一言 ] 
  GetTipTx と言う
出現した
ツールチップのテキストを取得してクリップボードに代入する
  プログラムを新しくアップしました。小さいながらも
GetWinTx の様に結構使えます。
 [ 12 / 02 より ] Windows
Vista
のページを書き出しました。[ 12 / 27 更新 ]
  やっと Windows Vista
の動作検証環境がスタートしました。
 
 
25 個 。( 他に プログラミング チップス にも少々 )
  05/26 「GetWinTx 1.305」 (DownLoad 7 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用 プログラム 有 ) >
  05/20 「GetTipTx 1.120」 (DownLoad 4 KB ) < 詳細説明 >
     出現した
ツールチップのテキストを取得してクリップボードに代入するプログラムです。
(省略されました)

2007/09/01 ver 1.304

2007.09/01
 [ 08 / 21
の一言 ]
   SbFolder のドライブから始める時の動作で
CD-ROM は確認しない様にしたのですがメディアが入って
  安定した時にも確認せずに
メディアが入っていない様に表示されるのも ??
だし リムーバルディスク も
  時間がかかる時も有るので
通常は以前の様に調べる事にして立ち上げ時の無変換のキーオプションで
  CD-ROM リムーバルディスク
共に確認をしないで
速く立ち上がる仕様にしました。
 [ 08 / 23 ] SubFolder
も同様な仕様に変えました。
 
  09/01 「GetWinTx 1.304」 (DownLoad 7 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用 プログラム 有 ) >
  08/29 「ClipName 3.054」 (DownLoad 31 KB ) < 詳細説明 (Win NT 2K XP 専用プログラム有)>
     右クリック
(省略されました)

2007/08/10 ver 1.302

2007.08/10
  08/10 「GetWinTx 1.302」 (DownLoad 7 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用 プログラム 有 ) >
  08/08 「ClipSaver 3.125」 (DownLoad 60 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用
DLL 有 ) >
 
   テキストクリップボードの
経歴を取りその保存と他のプログラムに貼り付け。