Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > マルチメディア > グラフィックビューアー ]

Pc   SIMD Enhanced JPEG Plug-in for Susie32

詳細情報

タイトル SIMD Enhanced JPEG Plug-in for Susie32
URL http://cetus.sakura.ne.jp/softlab/software/ifjpegx.html
バージョン 0.21   0.18   0.17   0.16   0.15   0.13   0.12  
更新日 2006/01/17
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 高速動作かつ多機能を目標に独自製作した Susie32 JPEG Plug-in です。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2006/01/17 ver 0.21

SIMD Enhanced JPEG Plug-in Ver.0.21
Win32s 対応の最終バージョンである Ver.0.14b もここで公開していますので、
Ver.0.20 → Ver.0.21 の主な変更点
サブサンプリング比が 4:1:1 の JPEG
ファイルを展開するときの動作速度を僅かに(2%程度)改善しました。
ifjpgx21.lzh
( Ver.0.21 / 2006-01-17 / 75,835 bytes / LHAアーカイブ )
ダウンロード(Win32s 対応 最終バージョン Ver.0.14b)
ifjpx14b.lzh
( Ver.0.14b / 2006-01-16 / 79,810 bytes / LHAアーカイブ )

2005/12/27 ver 0.18

SIMD Enhanced JPEG Plug-in Ver.0.18
Ver.0.17 → Ver.0.18 の主な変更点
設定項目の「JPEG ファイルの拡張子」のデフォルトを、
たけちんさんの純正版 JPEG プラグインに倣って *.jpg;*.jpeg
に変更しました(*.jpeg を追加しました)。
それ以外の変更点はありません。
ifjpgx18.lzh
( Ver.0.18 / 2005-12-27 / 73.9 KB / LHAアーカイブ )

2005/08/25 ver 0.17

SIMD Enhanced JPEG Plug-in Ver.0.17
Ver.0.16 → Ver.0.17 の主な変更点
CMYK カラースペースの JPEG ファイルに対応しました。
ただし、表示される色調は本来のものとは異なります。
YCCK の場合と同様に簡易表示方式です。
ifjpgx17.lzh
( Ver.0.17 / 2005-08-25 / 73.8 KB / LHAアーカイブ )

2005/02/26 ver 0.16

SIMD Enhanced JPEG Plug-in Ver.0.16
Win32s 対応の最終バージョンである Ver.0.14a もここで公開していますので、
Ver.0.15 → Ver.0.16 の主な変更点
SSE2 モードのとき、ある特定の画像サイズやメモリの割り当て状態によって、
一般保護例外エラー(内部エラー)が起こることがあるバグを修正しました。
ifjpgx16.lzh
( Ver.0.16 / 2005-02-26 / 73.6 KB / LHAアーカイブ )
ダウンロード(Win32s 対応 最終バージョン Ver.0.14a)
ifjpx14a.lzh
( Ver.0.14a / 2005-02-26 / 77.4 KB / LHAアーカイブ )

2004/12/19 ver 0.15

SIMD Enhanced JPEG Plug-in Ver.0.15
これらの SIMD 演算が利用できる CPU で使用すると、
たけちんさんの純正版 JPEG Plug-in と比較して、MMX モードの場合で平均
1.9 倍前後(特に MMX Pentium の場合は 2.5 倍前後)、SSE2 モードの場合で平均
2.2 倍前後の速度で動作します。また、SIMD 演算の使えない旧型 CPU に対しても、
純正版と比較して 35% 程度高速に動作します。
当プラグインの以前のバージョンでは、
Windows 3.1 + Win32s での動作にも正式に対応していましたが、Ver.0.15 以降、
Win32s には非対応になりました。Win32s で動作させる必要がある場合は、
Win32s 対応の最終バージョンである Ver.0.14 もここで公開していますので、
そちらをご利用ください。
Ver.0.13 → Ver.0.15 の主な変更点
動作速度の改善のため、実行ファイルの生成に使う処理系を
Microsoft Visual C++ V.6.0 に変更しました。これにより、
Windows 3.1 + Win32s での動作には非対応になりました。
ファイルから圧縮データを読んでいくハフマンデコード部を改良しました。
上の処理系変更による効果と合わせて、
すべての動作モードで以前よりも10%前後高速化しています。
SSE2 が利用可能な状態で 浮動小数点DCT(SSE)
(省略されました)

2004/09/20 ver 0.13

SIMD Enhanced JPEG Plug-in Ver.0.13
の場合は 2.1 倍前後)、SSE2 モードの場合で平均 1.9 倍前後の速度で動作します。
Ver.0.12 → Ver.0.13 の主な変更点
プラグインが出力するコメントテキストの改行コードを、
Windows 標準の CR+LF に変更しました。
RGB カラースペースの JPEG ファイルに対応しました。
ifjpgx13.lzh
( Ver.0.13 / 2004-09-20 / 74.5 KB / LHAアーカイブ )

2004/04/23 ver 0.12

差分がありません