Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル QTTabBar
URL http://qttabbar-ja.wikidot.com/qttabbar
バージョン 1038   1037   1036   1035   1034   1033   1032   1031   1030   1029   1028  
更新日 2015/12/08
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 グループ、履歴機能などを備えたWindowsエクスプローラをタブ化するソフト。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2015/12/08 ver 1038

Version 1038 (2015-12-8)
(修正点)
- Windows7でVisualStyleをオフにしているとオプションウィンドウでエラー。

2015/12/07 ver 1037

Version 1037 (2015-12-7)
(修正点)
- プラグイン「ファイル操作ボタン詰め合わせ」の削除ボタンが動作しなくなっていた。またプラグイン自体もアップデートしました。(Undoボタンが動作しなくなっていた)
- QTPluginLib.dll のアップデート。 1.3.0.1.

2015/12/03 ver 1036

Version 1036 (2015-12-3)
(変更点と修正点)
- Windows8.1と10における Per-monitor DPI のサポートを進めた。
- 追加されたコマンド。 GetSystemDPi, GetWindowDpi, GetDpiFromPoint. Window オブジェクトの新しいプロパティ。 Window.Dpi.
- Per-monitor DPI 環境をサポートするため"ウィンドウ マネージャ"プラグインをアップデート。
- エクストラビューのフィルターボックスで、フィルターじゃなくて検索するオプション。
- "ウィンドウが開いた時" イベントがトリガーされるタイミングを微調整した。
- コマンド "Cut" 以降のコマンドはフォーカスのあるビューを対象にするようにした。
- 定義されていないコマンドを実行してもエラーを出さないように仕様を変更。
- H.264 ビデオをサブモニタ上でプレビューするとき、ハードウェアレンダリングするかどうかのオプションを追加した。デフォルトではオン。1036以前ではオフだった。
- マウスカーソルをビュー上で動かすと他のプロセスのウィンドウを背面に送ってしまうことがあるのを修正。その動作をオプションとした。(その他。)
- コマンド ScrollView, GetColumnWidth の戻り値がおかしかったのを修正。

2015/11/10 ver 1035

Version 1035 (2015-11-10)
(修正点)
- ツールバーの項目が文字化けする。
- デスクトップツールでのクラッシュの可能性を修正。

2015/11/09 ver 1034

Version 1034 (2015-11-9)
(変更点)
- Windows10の仮想デスクトップのサポート。フォルダーウィンドウが他のデスクトップにあった時、どのようにキャプチャするかのオプションが追加されました。
- コンパチブルビューのフォーカス矩形を独自に描画するオプション。
- コンパチブルビューの動的に変化するカスタムカラー。
- デスクトップ上でフォーカスされたアイテムの背景色がおかしいのを修正。
- 大文字小文字だけが違う名前でグループが上書きされてしまうバグを修正。
- "ExplorerSafeMode.exe"というツールを追加。QTTabBarやその他のツールバーなしでフォルダーウィンドウを開きます。
- 開発環境がWindows10上のVisual Studio 2015になりました。
- 事前予告: 動作環境の変更が予定されています。.NET Framework 4.0 のサポートが2016年1月12日に切れるためです。

2015/10/28 ver 1033

Version 1033 (2015-10-28)
(修正点)
- エクストラビューのサイズが、言語設定によっては保存されない。
- カスタムカラーの条件「場所」が無視されて、デスクトップでも適用されてしまう。
- アイコンピッカーダイアログが、icoファイルからアイコンを取得できない(涙
- icoファイルのプレビューに対応し、最大の大きさのものを表示するようにした。

2015/10/26 ver 1032

Version 1032 (2015-10-26)
1031のパッケージに1030のインストーラーを入れてしまうというミスをしましたので、あらためて新規バージョンとしてだしました。内容は1031から変わりありません。

2015/10/25 ver 1031

Version 1031 (2015-10-25)
(修正点)
- 「ネットワーク」フォルダーを開こうとすると、エクスプローラーのプロセスがクラッシュする。これはコンパチブルビューを使用していて、ビューが詳細表示のときに発生します。

2015/10/24 ver 1030

Version 1030 (2015-10-24)
(追加された項目)
- コンパチブルビューの look and feel 向上。点線で表現されていたフォーカスを(ほぼ)表示しないように。
- サブフォルダーメニュー上でのインクリメンタルサーチ。
- デスクトップ上でのインクリメンタルサーチ(要デスクトップツール有効)
- タブバーに"+"ボタン。
- プレビューのディレイを0秒にできるようになった。
- モダンなアイコンピッカーダイアログ。
- 拡張リネームが正規表現の名前付きラベルをサポートした。
- 圧縮フォルダ系のシェル拡張を検知するようにした。サブフォルダーメニューとプレビューに影響あり。
- AutoHotKeyのMouseGestureLと共存できるようになった。ただし制限あり。(下記参照)
- 新しいコマンドを追加: GetIconSize, SetIconSize, GetCommandName, GetVersion, GetPluginLibVersion, GetColumnWidth, SetColumnWidth, ClearPreviewCache, ScrollView.
(修正点)
- ネットワークのタイムアウト値を無視することがある。
- 拡張リネームが$…で指定された置換を置換しない。
- アップデートチェッカーは、新バージョンが見つかったときだけ表示するようにした。
- コンパチブルビュー上でカーソルキーを押し続けるとしばらく応答を停止してしまう。
- "/root"スイッチで起動したexplorer.exeが大量のエラーメッセージを表示したり停止したりする。
- RTL環境でカーソルループが動作しない。
(省略されました)

2015/08/25 ver 1029

Version 1029 (2015-8-25)
(追加された項目)
- Windows 10 のスタートメニューとジャンプリストから開いたウィンドウをキャプチャーできるようになった。
Win+Eについては調査中。
- 拡張リネームウィンドウ
複数のファイルをファイル名のリストから一括でリネームする機能を追加。
- アプリケーションランチャーボタンにファイルをドロップして登録できるようになった。
- 新しいキーワード – %tab% 及び %tabpath% 。タブのイベントに割り当てたコマンドで、タブオブジェクト/タブのパスに置き換わります。
- 選択ファイルと置き換わるキーワード(%f%など)が、 タブのイベントに割り当てたコマンドではそのタブのビュー内の選択ファイルパスと置換されるようになった。
- 互換ビューの選択カラム背景色に「カスタム色と混ぜる」オプション。
- ScriptingCommands にいくつか追加。EnsureItemVisible, RenameMultiple, SetExtraViewSize。
(修正点)
- 「デスクトップからはキャプチャしない」設定が無視される。
- 最大化ウィンドウを閉じた後に開いたウィンドウではエクストラビューのサイズが正しく復帰しない。
- エクストラビューがあるときに、ウィンドウを開いたときにちらつく。
- メニューのスタイルを変更したあと、オプション画面がフリーズすることがある。
- 互換ビューでもTab / Shift+Tab キーによる連続リネームが動作するようになった。
- デスクトップツールメニューがRTL環境で正しくない場所に表示される。
- デスクトップツールがコールドスタート等の負荷の高いときに初期化に失敗する。
(省略されました)

2015/08/11 ver 1028

Version 1028 (2015-8-11)
(追加された項目)
- ビューのインクリメンタル・サーチを強化。
先頭だけではなくファイル名の中間が一致したら選択するオプション。
MigemoローダープラグインなどのIFilterプラグインの出力を使用することができるようになった。
Migemoローダープラグインとの組み合わせでMigemizeExplorer的な動作を実現。
- Windows 10 スタイルのメニュー。
(修正点)
- 右ドラッグ時のメニューを標準に戻した。
- コマンドバーの実行ファイル等にドロップしても何も起きない。
- Windows10のナビゲーションペインのクイックアクセス下にあるコンマが名前に含まれているフォルダーをタブとして開けない。
- RTL または 高DPI 環境下でのメニューの細部の調整。
- RTL環境を検知するのにCurrentCultureの代わりにCurrentUICultureを使うようにした。
- ウィンドウが開くときにちらつく。
- ドロップヘルパーがターゲットがフォルダーへのリンクファイルのとき動作しない。
- ナビゲーションペインで、ライブラリフォルダー下のアイテムをコンテキストメニューからタブで開くと、不正なフォルダーが表示されてしまう。
(その他)
Migemoローダー プラグインを更新しました。
辞書ファイル由来の不具合に対策。"c"と"p"で出力される正規表現にバグがあるとき、埋め込んだ修正済みのパターンを出力するようにしてみた。