Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > WWW > ブラウザ ]

Pc   Lynx

詳細情報

タイトル Lynx
URL http://lynx-win32-pata.sourceforge.jp/
バージョン 2.8.9rel.16TH   2.8.6rel.4TH   2.8.6dev.18TH   2.8.6dev.17TH   2.8.5rel.1THg   2.8.5rel.1THf   2.8.5rel.1THe   2.8.5rel.1THd   2.8.5rel.1THb   2.8.5rel.1THa   2.8.5rel.1TH  
更新日 2017/09/18
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 日本語に最適化されたLynxのWindows用バイナリが配布されている。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2017/09/18 ver 2.8.9rel.16TH

2017-9-9 (Version 2.8.9rel.16TH)
- Version 2.8.9dev.16 に対応
# 2.8.8dev.9 で、私が sourceforge.jp で公開していた版の変更の
# 大部分が本家に反映され、本家との差分がとても小さくなりました。
- 以下の問題の修正
- ACTION 属性がない BUTTON にカーソルを合わせて、
'd'(download) キー押下で異常終了する。
- Content-Encoding: gzip で送信されたデータの処理に失敗する。
# 現象は上記のとおりですが、原因は rename 関数の非互換性の問題でした。
# 参考: https://www.securecoding.cert.org/confluence/display/c/FIO10-C.+Take+care+when+using+the+rename%28%29+function
- title barに長いタイトルが表示されない。
- PRE 内の長いテキストの折り返しがおかしい。
- 画面サイズの指定で、サイズによって正常に処理できない。
例: 80x25 -> 90x20
- クリップボードからの貼り付け (LYE_PASTE) が正常に動作しない。

2007/05/04 ver 2.8.6rel.4TH

2007-5-3 (Version 2.8.6rel.4TH)
- Version 2.8.6rel.4 に対応
- 以下の問題の修正
+ 表示中のページの次のページが1行だけのときの処理が不適切な問題
+ bzip2 で圧縮されたページが表示できない問題
(configure オプションの変更)
例: http://lynx.browser.org/

2006/09/03 ver 2.8.6dev.18TH

2006-9-2 (Version 2.8.6dev.18TH)
- Version 2.8.6dev.18 に対応
# Windows 環境で、外部ホストの名前解決にスレッドを使うと
# 落ちるという問題が修正されました。これに伴い、lynx.cfg の
# USE_THREAD_GETHOSTBYNAME の設定を廃止しました (常にスレッド
# を使うようにした)。
- コンパイラを Borland の bcc32 から、Cygwin の gcc (-mno-cygwin)
に変更
# bcc32 では、簡単に GnuTLS が利用できそうになかったために変更
# しました。
- SSL ライブラリを OpenSSL から、GnuTLS に変更
※ OpenSSL と GnuTLS の互換性は完全ではありませんが、ほぼ同等の
機能になるように Lynx 自体も修正しました。ただし、一部動作が
異なります。
例えば、起動後、最初に SSL を用いたサイトに接続するのに余計に
時間がかかるようになりました
# mobile AMD Athron(TM)XP-M 1800+ で瞬時→10秒程度
- 以下の問題の修正
+ '#' 付のURLで参照した場合に、ページ内の移動の処理が
(省略されました)

2006/08/04 ver 2.8.6dev.17TH

2006-4-10 (Version 2.8.6dev.17TH)
- Version 2.8.6dev.17 に対応
- インストーラを Inno Setup に変更
- ファイル構成の変更
+ 国際化対応版作成に伴い、日本語で書いた文書の場所を docs-jp に変更
+ zlib のバージョンを 1.2.3 に変更し、ビルド済みのものをリンクする
ように変更
+ 利用ライブラリのライセンスファイルを追加
- 以下の問題の修正
* 本文が ecu-jp で書かれたページに、数値文字参照でUNICODEの
日本語が含まれていると文字化けする問題 (部分的な改善)
2006-1-14 (Version 2.8.6dev.16TH)
- Version 2.8.6dev.16 に対応
* 本家が xhtml+xml の文書の表示に対応したため、
独自拡張の PARSE_XHTML_AS_HTML を廃止。
以下は本家の修正の抜粋です
. 画面の横幅をより有効に利用するコマンドラインオプション
(-nomargins) が追加されました。
. 選択したリンクが複数行にわたる場合に、表示がおかしくなる
(省略されました)

2005/12/12 ver 2.8.5rel.1THg

2005-12-11 (Version 2.8.5rel.1THg)
- 以下の問題の修正
* 2.8.5rel.1THf の修正で EXTERNAL で外部コマンドを起動する際の
半角スペース等の扱いを変えた関係で、ローカルファイルに対する
EXTERNAL の挙動が変わり、外部コマンドに正しいファイルパスが
渡らなくなった問題
# 半角スペースの他に、日本語なども該当します。
* 外部サイトとの通信が非常に高速な場合に、通信中に Lynx が
異常終了する問題
# 2.8.6dev.12 の修正のバックポート (ws_netread 回り)
* EXTERNAL での外部プログラム起動時に、任意のコマンドが実行
* NNTP 処理のスタックオーバーフローの脆弱性
* 外部プログラムを呼び出す際に、その終了を待つかどうかを

2005/11/27 ver 2.8.5rel.1THf

2005-11-26 (Version 2.8.5rel.1THf)
- 以下のセキュリティ問題の修正
+ EXTERNAL での外部プログラム起動時に、任意のコマンドが実行
されたり、ファイルの内容を上書きされたり、環境変数の内容が
漏れたりする問題
# lynx.cfg で EXTERNAL で外部プログラムを指定している場合に
# のみ影響します。

2005/11/19 ver 2.8.5rel.1THe

2005-11-19 (Version 2.8.5rel.1THe)
- 以下のセキュリティ問題の修正
+ NNTP 処理のスタックオーバーフローの脆弱性
参考: http://www.jpcert.or.jp/wr/2005/wr054201.txt
# 2.8.6dev.14 の修正のバックポート
- 以下の機能を追加
+ 外部プログラムを呼び出す際に、その終了を待つかどうかを
指定するオプション WAIT_VIEWER_TERMINATION を導入
(デフォルトは FALSE)
- 以下の問題の修正
* type="hidden" の INPUT 要素の VALUE が UTF-8 で
エンコードされた場合に正しく処理されない問題

2005/11/03 ver 2.8.5rel.1THd

2005-09-24 (Version 2.8.5rel.1THd)
- 以下の機能を追加
* FORM の送信文字列のエンコードが UTF-8 の場合に対応
# Wikipedia, MSN サーチなどでの日本語の検索、
# 文字コードが UTF-8 の Wiki や blog の編集などができる
# ようになります。ただし、一旦 Shift_JIS (or euc-jp) に
# 変換するので、情報が欠落する可能性があります。
* 「表示するキャラクタセット」が UTF-8 の時、euc-jp, Shift_JIS
で書かれた文書の表示に対応。
# ただし、META 要素、もしくは、HTTP のレスポンスで明示的に
# 文字コードを指定した場合のみ。
# また、iso-2022-jp で書かれた文書は非対応
# UNIX環境で添付のpatchを利用する場合にだけ影響します。
- その他の修正
* VIEWER で外部ビューワを立ち上げた際に、拡張子が .jpe ではなく、
.jpeg になるように修正
# HTInit.c で、拡張子 .jpe と mime-type image/jpeg の関連を
# 削除した
2004-12-05 (Version 2.8.5rel.1THc)
(省略されました)

2004/09/04 ver 2.8.5rel.1THb

2004-09-04 (Version 2.8.5rel.1THb)
- 以下の問題の修正
* CJKモードをオプションメニューでOFFにする場合と、'@'キーで
OFFにする場合とで挙動が異なる問題 (暫定対応)
* ETA表示が'ZZ sec 秒'のようにsecと秒が二重に表示される問題
* ㋮(丸の中にカタカナのマ)などが期待通りに表示できない
問題(「(マ)」と表示する)
* ファイル管理オプション画面で、"Modify File Name" と、
"Remove File" が利用できなかった問題
* UTF-8 で書かれた日本語ページの表示に対応するための処理が、
glibc の iconv では正しく処理できていなかった問題
(Linux などで添付のpatchを利用する場合にだけ影響します)
- その他の修正
* zlib のバージョンを1.2.1に変更
(make -f win32/Makefile.bor LOCAL_ZLIB=-tWM)

2004/03/28 ver 2.8.5rel.1THa

2004-03-27 (Version 2.8.5rel.1THa)
- 以下の問題の修正
* WinNT環境で、外部プログラムの起動、画面の最大化や、シェル
の起動の後、ステータスラインの位置が不正になることがある問題

2004/02/25 ver 2.8.5rel.1TH

Lynx for Win32 by patakuti 変更履歴
===============================================================================
2004-02-23 (Version 2.8.5rel.1TH)
- Version 2.8.5rel.1 に対応
- その他の修正
* SSL を有効化
* SSL で利用するサーバ証明書の場所として、Lynx のインストール
ディレクトリも探すように修正
2004-01-17 (Version 2.8.5dev.16THc)
- 以下の問題の修正
* iso-2022-jpで書かれたページの一部が文字化けする問題
# 2.8.5dev.16THb における、以下の修正に副作用があったため、
# 修正を元に戻した。
# 「表示するキャラクタセット」が日本語で、
# 「仮定するキャラクタセット」が utf-8 の時に期待通りに処理されて
# いなかった問題に対する修正
* PC の負荷が高い時に、画面を最大化する機能が失敗する問題
2004-01-11 (Version 2.8.5dev.16THb) ※ 配布中止
- 以下の問題の修正
(省略されました)