Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル EjctClse
URL http://home.att.ne.jp/delta/hrymkt/
バージョン 1.560   1.550   1.540   1.530   1.400   1.360   1.352   1.340   1.330   1.320   1.310  
更新日 2016/08/15
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 リムーバルメディアドライブを Eject/Close するソフト。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2016/08/15 ver 1.560

最新版 08/15 2016
2016/08/15 Ver 1.560
Read Only 属性のドライブでも確実にコントロールハンドルを取得出来るコードに改善して
操作出来る様にしました。
最新版 08/15 2016 Ver 1.560 Size 10 kb EjctClse のダウンロード

2016/07/15 ver 1.550

最新版 07/15 2016
2016/07/15 Ver 1.550
COM 使用は スレッドで宣言しておく事にし ウィンドウの内部スタイルを実情に 合った物に変えました。
最新版 07/15 2016 Ver 1.550 Size 10 kb EjctClse のダウンロード

2016/03/10 ver 1.540

最新版 03/10 2016
2016/03/10 Ver 1.540
/U スイッチで 取り出すのが USB 大容量記憶装置デバイス の時に ある種の USB3.0 ハブの時に
取り出し動作が思わしくない時が有るので取り外す所のコードを変えました。

2016/02/08 ver 1.530

EjctClse
最新版 07/18 2015
【ソフト紹介】
リムーバル メディア ( CD-ROM や MO DVD=RAM USBメモリー等 ) を Eject ( Open ) Close する物です。
【 特徴 】
常駐しないで現存する リムーバル メディア を オープンクローズ します。
Eject だけでなく Close も出来ます。メディア が入っている時には FileBuff を Flush ( 書き込んで )
してから取り出しますので遅延書き込みに設定していても安全に取り出せます。
コマンドライン で全ての動作を指定できるのでランチャー等からの使用にも便利です。
USB ドライブ等の取り外しは /U オプションを付ければ認められます。( 但し 付けなくても取り出しを
選択すれば外しても安全にはなります。)
【 動作環境 】
Win 2000 / XP / NT 4.0 / Vista / 7 / 8 ( Win 95 98 Me 環境では働きません。)特別なランタイムはいりません。
 
【使用方法】
ただ立ち上げてください。リムーバル メディア が一つしかない時にはそのドライブを オープンクローズ します。
二つ以上有る時には全ての リムーバル メディア をドライブレターと共に順にメニューにします。
メディア が入っている時には 開閉 が取り出しとなります。後はメニューを選択すればそのドライブが
オープンクローズ出来ます。メニューが出ている時にドライブレターのキーを押せばそのドライブを選択
(省略されました)

2012/01/27 ver 1.400

最終更新日 2012 01/27
[ 01 / 27 の一言 ]
 何となく誤解をされていた様なのですが此までの EjctClse は USB メモリーを取り外す準備をして
取り外しても安全にはしますが 取り外しませんでした。したがって XP や Vista では 取り外すと しかれれる
事になります。( Window 7 ではそもそも無い。) そこですっきりさせる為に本日 EjctClse に USB メモリーを
取り外す機能までする /U オプションを付けました。此ですると ・・・は取り外す準備が出来ました と言う
チップが出て システム的には取り外した事になります。驚いた事に Windows 7 でもわざわざ 此の
・・・は取り外す準備が出来ました と出るのでかえって EjctClse を使用した方が精神安定上良いのではないかと
思ったりします。
[ 01 / 23 の一言 ]
 MousePos のカーソル下のカラー表示は 左から RGB の順で表示していますが 此の値をクリップボードに
コピーする時には Windows のプログラムで使用する COLORREF BGR の順で 0xFF0000 ( 此は青 ) とコピーして
いましたが数字の値としてみれば此は此で良いのですが 此のホームページの HTML でも使用している
color:#FF0000; 此は 赤ですが 文字で書く時は RGB 順 某ソフトの カラーピッカーに入れる値も RGB 順と
言う事で下位と上位が反対になっています。下位と上位のバイトを入れ替えるのは面倒だし結構 間違い易い
と言う事で クリップボードにコピーする時の仕方を設定に新設してどちらも 直に入れる値をコピーする
様にしました。区別の為 COLORREF BGR の順の時は 頭に 0x を付ける様にしています。又 コピーする時の
キー X も いつの間にか Control + X ( ?? ) になっていたので ( 此では誰もコピー出来ない ) ヘルプ
ファイル通りのただの X に修正しました。
(省略されました)

2011/08/26 ver 1.360

最終更新日 2011 08/26
私が個人的趣味で自分自身が使用するために作ったプログラムの内で他の方が使用しても便利だろうと思われる
下記のソフトは Windows XP / Vista / 7 で動作確認をしています。( 以前には Win 2000 でも出来たのですが
現在は ダメ です。又 大きく変わった時には 98 でも動作確認済みです。)
[ 08 / 26 の一言 ]
ClipSaver の保存リストファイル *.CLS に パスワードをかけ内容を直接判読されない様に出来そうです。
もう少し検証して落ち着きを確認したらアップします。
08/26 「EjctClse 1.360」
( DownLoad 8 KB ) <
詳細説明 > [ Win NT 4.0/2000/XP/Vista/7 専用 ]
08/21 「ExitWndw 1.340」 (
DownLoad 10 KB) < 詳細説明 >
    メニューを出してウィンドウを終了 + α する時に ちょっと何かが出来るソフトです。
08/16 「CompFile 1.310」
( DownLoad 8 KB ) < 詳細説明 >
    指定ファイルの差異をバイナリー比較をして同一かどうか確認します。
08/11 「WMFCopy1.072」
(DownLoad 11 KB) <
    *.WMF ←→ *.EMF の変換
(省略されました)

2010/12/24 ver 1.352

ソフトの小物たち
最終更新日 2010 12/24
  ここで
私が個人的趣味で自分自身が使用するために作ったプログラムのうちで他の方が使用しても便利だろうと思われる
ソフトを 2002/04 ( 他では 1998/02 )より 公開の場として引き継ぎました。
下記のソフトはWindows XP / Vista で細かい動作確認をしています。( 以前には Win 2000 でも出来たのですが
現在は ダメ です。又 大まかには 98 / 7 でも動作確認済みです。)
規模の大きいソフトはないですが、日常有ればちょっと便利かなと言うソフトです。此処にあるソフトは全て
フリーソフトで大したサイズでもないし他のランタイムファイルも必要としないので 気軽にダウンロードして試用して
気に入ったら常用して見て下さい。又、このページへのリンクも自由にしていただいてかまいません。
プログラムに興味の有る方はあまり進んでいませんが
下の方 も覗いてみて下さい。
[ 12 / 12 の一言 ]
  
本日 Clpbd_IE と言う テキストクリップボードの URL をブラウザーで立ち上げる ソフトを新たに挙げました。
もちろん インターネットエクスプロラーだけでなく他のブラウザーも指定出来る様になっています。
此の他のブラウザーを指定出来ると言う所から 此とは別の新たな用途が考えられます。
この辺の所は テクニカルインフォメーション に書きました。
[ 公開ソフト ] 今のところ 30 個 ぐらい。( 他に プログラミング
(省略されました)

2009/04/05 ver 1.340

2009.04/05
Windows 2000 / XP で細かい動作確認をしています。(
以前には Win 95 98 でも
出来たのですが現在は 95 は X です。又
大まかには 98 Vista でも動作確認済みです。)
 [ 04 / 01 の一言 ] 
 此まで此処に有ったプログラムは Win 98
のメモリー管理法に最適化されて Win98 環境での
 
立ち上げ速度を稼ぐ
オプションでリンクされていましたが Win 98環境も少なくなって来たので
  本日 04 / 01 から
此のオプションはやめる事にしました。
  この辺の事は テクニカル
インフォメーション に書きました。
  又、Win 98 (
全ての環境で動く ) と Win NT ( 2000 XP Vista )
だけで動く物が有る場合も
  表の方に Win NT (
(省略されました)

2008/11/24 ver 1.330

2008.11/24
 [ 11 / ?? の一言 ] 
 --- 特に無しです。
---
26 個 。( 他に プログラミング チップス にも少々 )
  11/24 「EjctClse 1.330」 (DownLoad 7 KB ) < 詳細説明 > [ Win NT 4.0/2000/XP/Vista
  11/20 「TaskMuEx 1.320」 (DownLoad 8 KB ) < 詳細説明 >
 
   タスクリストをメニューにしてタスクを切り替える物です。(
その都度立ち上がり常駐しません。)
  11/20 「TaskSwch 1.370」 (DownLoad 11 KB ) < 詳細説明 >
 
   タスクリストをメニューにしてタスクを切り替える物です。
  11/16 「ClipSaver 3.200」 (DownLoad 63 KB ) < 詳細説明 ( Win NT 2K XP 専用
DLL 有 ) >
 
   テキストクリップボードの
経歴を取りその保存と他のプログラムに貼り付け。
  11/12 「SetDetail 2.434 (DownLoad 21 KB ) < 詳細説明 >
(省略されました)

2008/04/25 ver 1.320

2008.04/25
 [ 03 / 17 の一言 ] 
  CabFixer SetDetail
共に内部コードの効率化の為に 公式的にはWin 95
は適応外としました。
  殆どの方はもう関係も無いとは思いますが
現在まだ使用中の Win 95 なら
多分動くはずです。
 [ 12 / 02 より ] Windows
Vista
のページを書き出しました。[ 12 / 27 更新 ]
  やっと Windows Vista
の動作検証環境がスタートしました。
 
 
24 個 。( 他に プログラミング チップス にも少々 )
  04/25 「EjctClse 1.320」 (DownLoad 7 KB ) < 詳細説明 > [ Win NT 4.0/2000/XP/Vista
専用 ]
  04/10 「SubFolder 1.130」 (DownLoad 32 KB ) < 詳細説明 > ( 常駐版 SbFolder + alpha
(省略されました)

2007/05/17 ver 1.310

2007.05/17
 [ 05 / 08
  ClipSaver
に新たな設定オプション ,;, 以降を代入
を新設して "タイトル説明,;,その内容"
と言うような
 保持リストの時には
"その内容"
部分しかコピーしない設定を加えました。
余分な事かとも思いましたが
 便利に使用していただく為に意味する所を
テクニカル
インフォメーション に書きました。
 [ 一言 ]  
  Windows Vista の動作検証環境が無いので
Vista での動作は ??? です。
 
  05/17 「EjctClse 1.310」 (DownLoad 7 KB ) < 詳細説明 > [ Win NT 4.0/2000/XP 専用 ]
  05/15 「K_Launch 2.231」 (DownLoad 41 KB ) < 詳細説明 >
(省略されました)