Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル OracleDiff
URL http://www.yokkasoft.net/
バージョン 0.7.0 Build0   0.6.3 Build0   0.5.6 Build0   0.6.2 Build0  
更新日 2010/08/30
追加日 2013/08/17
種別 フリーソフト
説明 2つのオラクルデータベースの環境の違いを表示するDiffツール。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2010/08/30 ver 0.7.0 Build0

標準版 ver0.7.0
Windows7(Starter除く)
WindowsVista SP2(32bit版のみ)
WindowsXP SP3(32bit版のみ)
すべて、日本語版OS・システムロケール日本語のみ、サーバーOSを除く
オラクル社のOracle NetServices(Net8 ver8.0.3以降 ~ 11gR2)がインストールされていること
  ・Norton Internet Security 2010 + Windows7 Ultimate
  ・トレンドマイクロ ウイルスバスター2010 + Windows7 Home Premium
ver0.7.0 Build0 ← ver0.6.3 Build0 2010/08/30
オラクル11gR2のクライアントに対応
Windows7対応
 

2008/01/06 ver 0.6.3 Build0

標準版 ver0.6.3
OracleDiffは、テーブルのカラムやインデックスなど、2つのオラクルデータベースの環境の違いを表示するDiffツールです。
オラクルの特性を含んでのDiffではなく、単にテーブルのカラムなどを文字列として比較するだけですが、意外と手間のかかる環境の違いの調査の手がかりにはなると思います。
開発環境と本番環境で、動作が異なるなどの症状が出たときに、使ってみてください。
Windows 98/NT4(sp6a)/2000/XP/Vista(日本語版のみ・サーバー除く)が動作する環境。
オラクル社のOracle NetServices(ver8.0.3以降 ? 11g)がインストールされていて、正常にオラクルに接続できる環境
本ソフトウェアは、
  ・トレンドマイクロ ウイルスバスター2008 + WindowsVista Ultimate
  ・Kaspersky Internet Security 7.0 + WindowsXP Pro SP2
  ・McAfee Internet Security Suite 2008 + WindowsXP Pro SP2
でウイルスチェックを行っています。
使用コンポーネント
このアプリケーションの作成にあたり、下記のソフト・コンポーネント・ライブラリを
使用させていただきました。
優秀なソフト・コンポーネントを公開してくださっている作者の方に感謝します。
Khaled Shagrouniさんの「XPMenu for Delphi」
ver0.6.3 Build0 ← ver0.6.2 Build0 2007/12/31
オラクル11gのクライアントに対応
WindowsVistaに対応
(省略されました)

2005/10/08 ver 0.5.6 Build0

ダウンロード 
MyStartMenu
Exeのみ 315KB lzh形式
MSM - MyStartMenuは、自分自身で作るスタートメニューです。
要するにランチャーの亜流にスタートメニューが持つ機能を付加したツールです。
通常は、デスクトップの左端を1ピクセルのみ占有します。
表示されている1ピクセルにマウスカーソルを載せるとメニューが表示されます。
マイコンピューター・マイネットワーク・コントロールパネルなどを開く機能を持っています。
ドラッグ&ドロップでアプリケーションを登録できます。
ドラッグ&ドロップでボタンを移動できます。
アプリケーションだけでなく、フォルダやファイルも登録できます。
登録したアプリケーションにファイルをドロップすることで、ファイルを開くことが可能です。
最前面に表示されるため、他のアプリケーション画面に隠されることはありません。
「デスクトップの表示」をしても、最小化されません。
デフォルトでは無意味に半透明になっています(^-^)。透明度も調整できます。
iniファイルを使用しますので、レジストリを汚しません。
Windows 2000/ XP(日本語版のみ・サーバー除く)が動作する環境。
使用方法
ダウンロードされたファイルを解凍し、任意のフォルダにコピーしてください。
(省略されました)

2005/09/12 ver 0.6.2 Build0

差分がありません