Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > マルチメディア > 音声ユーティリティ ]

Pc   Studio ftn Score Editor

詳細情報

タイトル Studio ftn Score Editor
URL http://studio-arts.bglb.jp/studio-ftn/se/
バージョン 9.18.0620   9.17.0618   9.16.0611   9.15.0608   9.14.0604   9.13.0602   9.12.0531   9.11.0528   9.10.0524   9.09.0518   9.08.0516  
更新日 2017/06/21
追加日 2016/06/24
種別 フリーソフト
説明 楽譜を使って作曲ができる楽譜入力方式の作曲ツール。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2017/06/21 ver 9.18.0620

2017-06-21 Studio ftn Score Editor 9.18.0620 公開
>
・MIDIファイル書き出しでパンポット等の値がずれている不具合の修正。
・ドラム譜のコピーペーストで休符の縦位置が中央になってしまう不具合の修正。
・演奏中の状態が音源エディタでリアルタイムに表示されない不具合の修正。
・音源の楽器名を他の楽譜ページにも表示するよう改善。
>
・サラウンドパラメータがMIDI制御記号で反応しない不具合の修正。
・MIDI制御記号やメイン鍵盤で制御できるパラメータの種類を大幅に追加(INTEGRA7用)。
※ INTEGRA7 を使用の場合は音源定義の修正が必要です。詳しくは音源定義のサポートページを参照してください。
Studio ftn Score Editor Pro 9.16.0611 (動作が安定したバージョン)
Studio ftn Score Editor Pro 9.18.0620 2.9MB 2017-06-21
Studio ftn Score Editor Pro 9.17.0618 2.9MB 2017-06-18 (不具合あり)
Studio ftn Score Editor 9.16.0611 (動作が安定したバージョン)
Studio ftn Score Editor 9.16.0611
Studio ftn Score Editor 9.18.0620 2.9MB 2017-06-21
Studio ftn Score Editor 9.17.0618 2.9MB 2017-06-18 (不具合あり)

2017/06/18 ver 9.17.0618

※ Studio ftn Score Editor は Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP 環境でご使用になれます。
Score Editor 9.14 以上を使用する事で強制終了はしなくなりますが、
このエラーが出る環境ではドライバ不具合等でOS上に問題があると思われ、MIDIの使用ができません。
しかし、ユーザの方からの報告によると、
の手動インストールを行う事で、MIDIが使えるようになるとの情報をいただきました。
起動エラーが出る環境の場合は、このツールを使ってユーザ環境を default 等に設定しなおす事で改善すると思われます。
※ Studio ftn Score Editor のダウンロードは以下から行えます。
2017-06-18 Studio ftn Score Editor 9.17.0618 公開
>
・パートの追加画面で楽器名等を表示し音源や楽器を選びやすくした。
・パートの追加画面で Audio 楽器もロードできるようになった。
・パートの楽器名のダブルクリックで音源エディタが開くようになった。
・環境設定に初期音源モード(MIDI/AUDIO)の設定を追加。
・環境設定画面をタブでページ分けした。更に、環境設定メニュー位置を移動した。
・環境設定画面の初期設定に戻すボタンで画面項目だけ初期値に戻す仕様へ変更。
・パレットメニューの default と Pro は書き換えられない仕様へ変更した(ユーザが書き換えてもシステムが書き換えるため)。
・エラーコードの追加。
>
・移調記号(SfSE専用記号 TRANS)を追加(記号を書いた場所以降を半音単位で演奏のキーを指定する記号)。
(省略されました)

2017/06/11 ver 9.16.0611

2017-06-11 Studio ftn Score Editor 9.16.0611 公開
>
・パートの左に音源楽器名を表示するようにした。
・ステータスバーに演奏クロックモードを表示する機能を追加(演奏テンポを優先する音源を表示)。
・新規楽譜の下2段をヘ音記号に変更。
・Win10 環境でマウスホイールが動作しない不具合を修正。
Studio ftn Score Editor Pro 9.16.0611 2.9MB 2017-06-11
Studio ftn Score Editor Pro 9.15.0608 2.9MB 2017-06-08
Studio ftn Score Editor 9.15.0608
Studio ftn Score Editor 9.16.0611 2.9MB 2017-06-11

2017/06/08 ver 9.15.0608

ユーザ環境管理ツールを Studio ftn Score Editor 9.15.0608 に付属しました。
起動エラーが出る環境の場合は、このツールを使ってユーザ環境を設定しなおす事で改善すると思われます。
2017-06-08 Studio ftn Score Editor 9.15.0608 公開
>
・強制終了発生時に編集中楽譜の複製をデスクトップにバックアップする機能を追加。オリジナルへは上書きせずに複製を作成します(楽譜編集や保存にかかわる部分等で強制終了した場合は壊れたデータが複製されるか失敗しますが無いよりはあったほうが良いと思いました)。
・SfSE ユーザ環境ツールを追加。このツールによってユーザ環境で使用するフォルダを切り替えたりユーザ環境のデータ格納場所を設定できるようになった。
・フリー版と Pro 版でユーザ環境の場所にずれ(※)が発生する不具合の修正(旧バージョンをインストールした事がある場合に発生)。
・範囲選択で1つだけの記号を記号クリックによる選択をした場合に削除できない不具合の修正。
・記号選択時に前の記号が選択対象に残ってしまう不具合の修正。
※ 旧バージョンのインストーラでユーザ環境をドキュメント以外に設定した事がある環境の場合は、
今回のバージョン以降を使用するとドキュメントに設定されるため、環境設定が新しくなってしまいます。
旧環境を使用したい場合は、SfSE ユーザ環境ツールを使用して、旧環境のフォルダを登録する事で、以前の環境を使用できるようになります。
>
・和音の次に書いたストローク音符へのタイが効かない不具合の修正(和音にシの音が含まれるとなる)。
・移調したパートの前打音に8va を付けると音程が大きくずれる不具合の修正。
Studio ftn Score Editor Pro 9.15.0608 2.9MB 2017-06-08
Studio ftn Score Editor Pro 9.14.0604 2.8MB 2017-06-05
Studio ftn Score Editor 9.14.0604
Studio ftn Score Editor 9.15.0608 2.9MB 2017-06-08

2017/06/05 ver 9.14.0604

起動エラーの件ついに解決!
1年かかりましたがついに Score Editor 9.14.0602 で解決しました。
Win10 が出てから1年間、苦しい毎日が続きましたが、Score Editor でのOSエラー処理不足によるものでした。ショッキングです。
直接の原因は Win10 64bit の特定の環境でMIDIがOSで認識できなくなる事が原因で、
Score Editor がそのケースをエラー処理できずに問題が発生していました。
OSが正常にMIDIを認識する環境でも、
ドライバ不具合等でMIDIがエラーを出す環境も同様な現象となります。
Score Editor 9.14 で強制終了はしなくなりますが、
このエラーが出る環境ではOS上に問題があると思われ、MIDIが使用できません。
しかし、ユーザからの報告によると、
「 Windows 10 Anniversary Update の入手方法 - Windows Blog 」
の手動インストールを行う事で、MIDIが使えるようになったとの事です。
沢山のエラー報告をしていただけたおかげで、こちらの環境で強制的にエラーを再現させる事ができ、無事修正する事ができました。
もう一つの起動時エラーについて
一部の環境においてユーザ環境の作成でエラーが発生するようです。
ユーザ環境管理ツールを作成予定で、それを使用する事で解決できると予想しています。
ツールは1週間くらいで公開にもっていきたいと思います。全起動時エラーの解決が近くなってきました。
2017-06-05 Studio ftn Score Editor 9.14.0604 公開
・初回インストール時にMIDIMAPPERを選択した後に異常終了する不具合の修正(解決までに1年かかりましたがついに解決)。
(省略されました)

2017/06/02 ver 9.13.0602

アクティブ化と認証方法について
音源定義作成方法のサポートページ
2017-06-02 Studio ftn Score Editor 9.13.0602 公開
>
・ショートカットキーが効かなくなる不具合の修正(いちいち楽譜を右クリックする必要がなくなった)。
・再描画方法がスムーズの時にショートカットキーで音符や休符を選ぶ場合に描画が行われない不具合の修正。
・楽譜ファイルをダブルクリックで開く場合で報告不要なレベルのエラーが出る場合は報告画面を出さないように修正。
・エラーコードの追加。
>
・選択モードで選択した記号の音符形状を変更しても見た目が変わらない不具合の修正。
・選択モードで選択した音符の楽器選択にチェックを入れると異常終了する不具合の修正。
・試用版で記号が削除できない不具合の修正。
Studio ftn Score Editor Pro 9.13.0602 3.2MB 2017-06-02
Studio ftn Score Editor Pro 9.12.0531 3.2MB 2017-05-31 (不具合あり)
Studio ftn Score Editor 9.12.0531
Studio ftn Score Editor 9.13.0602 3.1MB 2017-06-02
Studio ftn Score Editor 9.12.0531 3.1MB 2017-05-31

2017/05/31 ver 9.12.0531

2017-05-31 Studio ftn Score Editor 9.12.0531 公開
>
・環境設定でクリップボード用データの使用をOFFにした時、記号のコピーペーストが出来なくなる不具合の修正。
・ショートカットキーで音符や休符に切り替える時に音符の縦位置が初期化されないようにした。
・固定化されたエラーコードについては正式化した。
・エラーコードの追加。
>
・Roland INTEGRA-7 で Score Editor 上の拡張エフェクト(MFX)をOFFにするとMFXへ不定値が送信される不具合の修正。
※ INTEGRA で正常動作させるには更に、音源定義 reset.txt の ch.fx mfx.sna/mfx.sns/mfx.snd/mfx.pcms/mfx.pcmd に関して ch.fx を ch.fx.extend に変更してください。可変パラメータを使用するCHエフェクトのみこれを行ってください。
Part EQ に関しては、固定パラメータのため ch.fx のままで問題ありません。可変パラメータとはいろいろなエフェクトで共通使用する1〜20とかのパラメータの事です。エフェクトのタイプによって、それぞれの意味が変わるパラメータが本件の対象となります。
詳しくは後日、音源定義のページでも説明したいと思います。
※ バージョン 9.08/.09/.10 は、動作が不安定なため公開を終了しました。左記のバージョンで対応した機能や改善は 9.12 に含まれます。9.08/.09/.10 の内容に関しては Studio ftn トップを参照してください。
Studio ftn Score Editor Pro 9.12.0531 3.2MB 2017-05-31
Studio ftn Score Editor Pro 9.11.0528 3.2MB 2017-05-29
Studio ftn Score Editor 9.11.0528
Studio ftn Score Editor 9.12.0531 3.1MB 2017-05-31
Studio ftn Score Editor 9.11.0528 3.1MB 2017-05-29

2017/05/29 ver 9.11.0528

2017-05-29 Studio ftn Score Editor 9.11.0528 公開
>
・ページ範囲外を選択すると異常終了する不具合の修正。
・記号を範囲選択した状態で右メニューを出すと選択が解除される不具合の修正。
・印刷ダイアログのテキストBOX枠が描画されない不具合の修正。
・パレットメニューのユーザ編集と保存機能を対応。
・パレットメニューで複数のメニュー設定を切り替えを可能にした。
・起動チェックを強化した。
・エラーコードの追加。
・インストール時にユーザ環境を指定しない仕様へ変更(自動でドキュメントに設定)。将来環境設定ツールで指定可能にするため。既に古いバージョンをインストールしている場合はそのままの環境となります。
・ソフトに必要な素材は全て system フォルダに保持するよう変更 ※1。
※1アンインストールしてインストールしたほうがゴミが残らないと思います(残っても動作上問題はありません)。
>
・拍子詳細画面とテンポ選択画面が1回しか正常に起動できない不具合を修正。
・拍子の分母を変更後に詳細画面を開くと異常終了する不具合の修正。
Studio ftn Score Editor Pro 9.11.0528 3.2MB 2017-05-29
Studio ftn Score Editor Pro 9.10.0524 3.2MB 2017-05-24
Studio ftn Score Editor 9.10.0524
Studio ftn Score Editor 9.11.0528 3.1MB 2017-05-29
Studio ftn Score Editor 9.10.0524 3.1MB 2017-05-24

2017/05/24 ver 9.10.0524

2017-05-24 Studio ftn Score Editor 9.10.0524 公開
>
・サウンドデバイスのバッファサイズやサンプルレートを変更時にコーラスエフェクトで異常終了する不具合を修正。
・サウンドデバイスの設定で対応していない設定をした場合メッセージを表示するようにした(環境によっては異常終了しなくなる)。
・サウンドバッファ数が不安定だった不具合を修正。これによりクリック音が軽減。
・ダイアログ内部構造を微妙に改善。
・起動時エラーコードと終了時エラーコードを更に追加。
・パレットメニュー機能でユーザが自由にメニューを編集する機能を追加。メニューの保存はまだ出来ません。
・エラー報告機能で Score Editor の動作状態も報告する機能を追加。
・サンプルレートが44100以外の時に正しい演奏速度で演奏されない不具合の修正。
・AUDIO楽器の視聴中にサウンドフォーマットを変更すると異常終了する不具合の修正。
Studio ftn Score Editor Pro 9.10.0524 3.2MB 2017-05-24
Studio ftn Score Editor Pro 9.09.0518 3.1MB 2017-05-18
Studio ftn Score Editor 9.09.0518
Studio ftn Score Editor 9.10.0524 3.1MB 2017-05-24
Studio ftn Score Editor 9.09.0518 3.0MB 2017-05-18

2017/05/18 ver 9.09.0518

2017-05-18 Studio ftn Score Editor 9.09.0518 公開
>
・パレットメニュー機能の追加。
・起動時エラーコードと終了時エラーコードを更に追加。
Studio ftn Score Editor Pro 9.09.0518 3.1MB 2017-05-18
Studio ftn Score Editor Pro 9.08.0516 3.1MB 2017-05-16
Studio ftn Score Editor 9.08.0516
Studio ftn Score Editor 9.09.0518 3.0MB 2017-05-18
Studio ftn Score Editor 9.08.0516 3.0MB 2017-05-16

2017/05/16 ver 9.08.0516

取り扱い説明書
アクティブ化と認証方法について
開発の目標について
Studio ftn Score Editor は、五線譜とドラム譜を使った楽譜方式のシーケンサーとして開発を行っています。
音源制御機能、楽器制御機能、演奏表現機能、楽器作成機能、Audio 機能、エフェクト機能、WAVE 書き出し、SMF 書き出し、
の達成を目標として地道に開発を続けています。
時々ですが、作曲機能、印刷機能、の追加も行っています。
要望や報告によって、その都度、改善を行っていく開発スタイルとなっています。
だいたい一ヶ月ごとに新しいバージョンを公開しています。
起動時エラーについて
一部の Win10 環境において新規インストールでの起動エラーが発生するようです。
もう一度起動しなおすと正常起動するようになると思われます。
こちらの Win10 環境ではエラーは発生しないため、エラーコードを追加する形で原因箇所の特定を続けています。
2017-05-16 Studio ftn Score Editor 9.08.0516 公開
>
・スペクトル画面の情報を右で表示するよう修正。更にグリッド番号を表示する機能を追加。
・サウンドエディタ上で音域範囲が分かる機能を追加。
・鍵盤のキーに対応したサウンドエディタ上の音階が分かる機能を追加。
・トラックエディタ等の波形再生で再生カーソルを表示する機能を追加。
(省略されました)