Pc

ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

[ Windows > ユーティリティ > Windows10 ]

S icon   Windows10 設定変更ツール

詳細情報

タイトル Windows10 設定変更ツール
URL http://www.asahi-net.or.jp/~tz2s-nsmr/soft/WinUpdateSettings/WinUpdateSettings.htm
バージョン 1.4   1.3   1.2   1.1   1.0  
更新日 2017/05/23
追加日 2016/12/07
種別 フリーソフト
説明 Windows 10の更新や自動メンテナンス、Cortanaなどの設定を変更することができるツール。

スクリーンショット

M screenshot1

レビュー

レビューはありません。
スポンサーリンク

更新グラフ

バージョン履歴

2017/05/23 ver 1.4

フリーソフト Ver1.4
Ver1.4(環境によっては非常に大きなバグ修正をしました)
・WinUpdateManagerのタスク登録時に、「コンピューターをAC電源で使用してる場合のみタスクを開始する」と
「コンピューターの電源をバッテリに切り替える場合は停止する」にチェックが付いた状態でのタスク登録になっていた為、このチェックを外した状態で
タスク登録する様に修正しました
(※)本修正により、(バッテリー動作時など)「WinUpdateMangerのタスクが起動しない」不具合や、「いつの間にかタスクが終了している」不具合が
解消される可能性が高いと思っています

2017/04/18 ver 1.3

フリーソフト Ver1.3
目次
簡単な使い方Windows10 Pro(/Home)用 Windows
Updateの設定変更Windows10 Home(/Pro)用 Windows Updateの設定変更
Windows Updateを手動で実行したい時(ストアアプリをダウンロードしたい場合も同様の手順になります)
「BITSも同時に自動停止する」オプションについて
WinUpdateManagerの常駐を解除したい時Windows Update無効化設定
自動メンテナンスの設定変更Cortanaの設定変更
「Microsoft Compatibility Appraiser」設定の変更
アンインストール方法注意事項
Windows10 設定変更ツール(WinUpdateSettings)で何ができるか?
(※)Ver1.3より追加
(1)常駐タスクWinUpdateManagerがWindowsの起動時にうまく起動しないケース/不安定になるケースなどを
修正する為に「タスクスケジューラの追加オプション」を追加しました
具体的には「推奨」オプションの「ユーザーログオン時(遅延起動なし)」を選んだ状態で
「WinUpdateManagerをタスクスケジューラに追加(起動時に実行)」ボタンを押してください
(※)以前のオプションだった「システム起動時(遅延起動1分)」などの「システム起動時」側でタスク登録すると
Windowsの起動時に起動しない場合が合ったり、起動時に不安定になる場合があったみたいです尚、以前のバージョンでタスクトレイに登録済みの場合は
1、WinUpdateManagerのタスクトレイアイコンを右クリックしてメニューから「終了」を選択して終了しておく
(省略されました)

2016/12/15 ver 1.2

フリーソフト Ver1.2
対応OS Windows10 Pro/Home専用(64ビット/32ビット)
(※)Ver1.2より追加
Windows10を(SSDでなく)HDDで使ってる環境の一部で、「異常にWindowsが重い」、
「起動してから10分〜20分以上ディスク100%が続く」、「Windowsの全ての操作が体感で明らかに重い」という挙動が発生している事があるかと思います
(私の手元にもそういう環境が1〜2台ありました)
「ディスク100%の原因」は様々ですし、対策しても起動後の最初の2〜3分はディスク100%が続いても仕方ないのですが、
10分も20分も…あるいは1時間以上ディスク100%の状態が続いたり「明らかに操作が重い」状態が続くのはおかしいです
今回、「カスタマーエクスペリエンス向上プログラム」関連の、(起動時や1時間おきに実行されるタスクの)、「Microsoft Compatibility
Appraiser」タスクを無効化する事によって、この不具合が大きく改善・解消される事を確認できたので、この設定項目を追加しました
(繰り返しますが、ディスク100%の原因や重い原因は様々ですので、全ての環境で効果が出るとは限りませんが、
間違いなく大きな改善効果のある1項目ではあります)
補足説明
(※)タスクスケジューラに登録された項目名について
WinUpdateManagerをタスクスケジューラに登録した際の内部的な話ですが、Windows標準の
タスクスケジューラ(taskschd.msc)上には「Nisimura_WinUpdateManager」という項目名で登録されています
タスクスケジューラ上から手動で操作する必要は全く無いのですが、念のために書いておきます
「Microsoft Compatibility Appraiser」設定の変更 (※)簡単に設定できます
「カスタマーエクスペリエンス向上プログラム」関連のタスク、「Microsoft Compatibility Appraiser」の設定を変更できます
(省略されました)

2016/12/14 ver 1.1

Windows10 設定変更ツール
WinUpdateSettings
フリーソフト Ver1.1
対応OS Windows10 Pro/Home(64ビット/32ビット)
Windows10 設定変更ツール(WinUpdateSettings)で何ができるか?
(※)Ver1.1より追加
Windows10Homeにて「Windows Update」のレジストリによる設定変更が効かないケースがあるかもしれませんので、「Windows
Update」サービスを自動停止する常駐アプリ、WinUpdateManager.exeを追加しました
(※)正直Ver1.0→1.1というよりもVer1.0→2.0相当位の大幅な機能追加です
2、ユーザーアカウント制御のダイヤログ(UAC画面)が表示されるので、「はい」を選択してください(※)本ソフトでは、レジストリ
Windows10 Pro(/Home)用 Windows Updateの設定変更 (※)簡単に設定できます
基本的にWindows10 Proで試して欲しい設定ですが、Windows10
Homeで設定しても構いません
両方の設定を同時に設定しても問題ありません(動作原理が違うので)
(※)マイクロソフトから公開されている技術情報による「レジストリの変更によるWindows Updateの設定変更」ですが、
Windows10Proでは間違いなく効果が確認できているのですが、Windows10Homeでは「設定変更が有効にならない」という話を見かけます
私の方でも再確認してみたのですが、Windows10Proでは間違いなく設定変更の効果が確認できているのですが、
Windows10Home側では「設定変更の効果が出ているのか?出ていないのか?微妙・・・」という確認状況です
(「設定変更の効果が出ていない」と断言もしきれないので、ちょっと説明がしずらいのですが・・・)
(省略されました)

2016/12/08 ver 1.0

差分がありません