インドで「世界最安」のPCが公開される

インド、「世界最安」のPC公開 約2700円という記事がありました。

インド政府は同国での販売価格が1750ルピー(約2700円)と「世界最低価格」のノートパソコンを開発し、5日、端末を公開した。

7インチタブレット型のPCでアーカシュという名前がついているようです。価格は学生向けの割引価格のようですがそれにしても安いです。

■スペックは?
スペックを知りたいと思い検索してみました。India Launched “Aakash”,The World’s Cheapest Tabletによると、ハードウェアおよびソフトウェアのスペックは次の通りです。

Hardware:

  • Processor: 366 Mhz. Connexant with Graphics accelerator and HD Video processor
  • Memory (RAM): 256MB RAM / Storage (Internal): 2GB Flash
  • Storage (External): 2GB to 32GB Supported
  • Peripherals (USB2.0 ports, number): 1 Standard USB port
  • Audio out: 3.5mm jack / Audio in: 3.5mm jack
  • Display and Resolution: 7″ display with 800×480 pixel resolution
  • Input Devices: Resistive touch screen
  • Connectivity and Networking: GPRS and WiFi IEEE 802.11 a/b/g
  • Power and Battery: Up to 180 minutes on battery. AC adapter 200-240 volt range.

Software and Formats:

  • OS: Android 2.2
  • Supported Document formats: DOC, DOCX, PPT, PPTX, XLS, XLSX, ODT, ODP
  • PDF viewer, Text editor
  • Image viewer supported formats: PNG, JPG, BMP and GIF
  • Supported audio formats: MP3, AAC, AC3, WAV, WMA
  • Supported video formats: MPEG2, MPEG4, AVI, FLV
  • Communication and Internet
  • Web browser – Standards Compliance: xHTML 1.1 compliant, JavaScript 1.8 compliant
  • Separate application for online YouTube video
  • Safety and other standards compliance
  • CE certification / RoHS certification

いわゆる普通のタブレットPCではなく、Android 2.2搭載のタブレットのようです。Androidタブレットとしてももちろん安いですがなんとなく納得しました。Androidアプリ開発用に実機が一台ほしいのですが何がいいんでしょうかね(やっぱKindle Fire?)

スポンサーリンク