Apple Watchの主要な変更点はLTEだけ?フォームファクターの刷新は見送りか?

シェアする

Applewatch2

Appleの腕同型型ウェアラブルデバイス「Apple Watch」。現行モデルの「Apple Watch Series 2」は2016年9月に発表されたもので、そろそろ次世代モデルの発表が気になる次期かもしれません。

このような中、KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、新型Apple Watchに関し、LTE通信機能が主な変更点となり、フォームファクターの刷新はないとする新たな分析レポートを公開していることが分かりました(MacRumors9to5Mac)。

新型Apple Watchは、現行モデルと同様に38mm/42mmの構成で、iPadのようにLTE有り/LTE無しモデルが選べるシステムになる模様です。

Apple Watch 3に関しては、Bloombergが今月の5日、Appleが年内にセルラー通信機能を搭載した第三世代のApple Watchを発売する計画があるらしいとして、第一報を伝えました。

当時Daring FireballのJohn Gruber氏は、第三世代のApple Watchで全く新しいフォームファクターが採用されるかもしれないとしていましたが、今回のレポートとは食い違っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする