Microsoftがキャンセルした「Surface Mini」の画像と仕様が流出

シェアする

Microsoft Surface Mini 1041x900

Microsoftは2014年頃、7.5インチの小型Surfaceタブレットを開発中であると噂されていました。

今年の7月に、キャンセルされた実機の画像が流出し、計画が事実であったことが判明していた中、 著名なリーカー@evleaks氏がTwitterで、このデバイス「Microsoft Surface Mini」の画像と仕様を公開し、さらに詳細が判明しています(MSPoweruser)。

公開されたSurface Miniの画像は、赤のカラーオプションのもので、3つの位置調節機能を持つキックスタンドも確認できます。

Microsoft Surface Mini Specs 959x900

同時に公開された技術仕様によると、OSはWindows RT 8.1、ディスプレイは7.5インチの1440x1080ピクセル、Snapdragon 800 processorを採用し、RAMとストレージは1GB/32GBまたは2GB/64GBの構成が選択可能だったことがわかります。

発売されていれば、Appleの「iPad mini」のライバルとなっていたデバイスかもしれませんが、そのiPad miniの将来さえ危ぶまれている現在、発売キャンセルは妥当な判断だったのかもしれません

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする