JavaScriptが動くハードウェア「Tessel」

シェアする

Technical Machine

Tessel」はJavaScriptが動くマイコンボード。現在開発中のようですが、以下のような簡単なJavaScriptコードでランプを点灯させることができるみたいです。

$ npm install hardware -g
$ tessel shell
> var tessel = require('tessel')
> tessel.led(1).blink()
> tessel.led(2).blink()

サイト中の「Run」ボタンをクリックすると実際にボードの右上のLEDが点灯する様子が確認できるので是非動かしてみてください。埋め込みプログラミングがWeb/Mobileアプリ開発のように簡単になる!という謳い文句も納得の簡潔さですね。


その他特徴としては、

  • JavaScriptでプログラミング可能。
  • NPMを使ってNode.jsを100%サポート。
  • USB / WiFiを使ってデプロイできる。
  • Tesselモジュールを使って拡張可能。
  • Arduino shieldsとcodeと互換性あり。

などなど。Tesselモジュールというのは「ACCELERO­METER」「MICRO SD CARD」、「RFID」、「AUDIO」、「BLUETOOTH」、「SERVOS」、「RELAYS」「TEMP + HUMIDITY」などの、Tesselの機能を拡張するための専用のボードのようです(以下の写真のようなものらしい)。

NewImage

ハードウェアのスペックも記載されています。

  • 180mhz ARM Cortex-M3 LPC1830
  • 32mb SDRAM
  • 32mb Flash
  • TI CC3000 Wifi Radio
  • 16-pin GPIO bank for prototyping
  • Micro USB or battery power

NewImage
現代のハードウェアらしく、iOS/Androidアプリを使った制御も可能とのこと。正式に立ち上がったら結構話題を集めそうな気配。メールを登録しておけば、いち早く情報を入手可能です。今後要注目のハードウェアですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする