Apple、開発者に対しiOSアプリの64bit対応必須化を再度アナウンス

シェアする

NewImage

Appleは本日、iOS Developer Programに加入している開発者に対し、2015年2月1日以降、新規iOSアプリではiOS 8 SDKを使用し64bitサポートが必須になること、および2015年6月1日以降は、更新されるアプリに関しても同様の要件が要求されることをメールとWebサイトで通知しました(MacRumorsAppleInsideriDownloadBlog)。

Appleは、64bitサポートを有効にするために、Xcodeのデフォルト"Standard architectures"ビルド設定の使用を推奨しています。

このアナウンスは10月に一度告知済みのものですが、対応期限が迫ってきたため再度開発者向けにメールが送られたものだと思われます。まだ対応していない開発者の方はそろそろ64bit対応の準備を始めたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする