【要注意】iOS 11のコントロールセンターは、Wi-FiとBluetoothを無効化できない

シェアする

Bluetooth wifi control center ios 11

iOS 11のコントロールセンターには、これまでのiOSと同様「Wi-Fi」と「Bluetooth」のボタンが存在しますが、機能は少し違っているようです。これらのボタンを利用しても、Wi-FiやBluetoothが「無効化」されるわけではないからです。

Appleは「iOS 11 のコントロールセンターで Bluetooth と Wi-Fi を使う」と題したサポートドキュメントで、ボタンの新しい動作を説明しています。

ドキュメントによると、iOS 11以降でコントロールセンターの Wi-FiまたはBluetoothのボタンを切り替えると、Wi-FiアクセサリやBluetoothアクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されるものの、Wi-FiもBluetoothも引き続き利用可能とのこと。

AirDrop、AirPlay、Apple Pencil、Apple Watch、連係機能 (Handoff、Instant Hotspot など)、Instant Hotspot、位置情報サービスなどの重要な機能は引き続き使用可能と説明されています。

Settings

Wi-FiとBluetoothを可燃にオフにするには、設定アプリを利用し、「設定 > Wi-Fi」や「設定 > Bluetooth」でオフにするか、エアープレーンモードを有効にします。

この挙動はiOS 11ベータから知られていたものですが、セキュリティ研究家Andrea Barisani氏にように、ボタンを押した場合に何が起こるのか、直感的に理解しづらい挙動として警告を発する人物も現れています。BluetoothやWi-Fiをオフにしたと思い込んでいるのに実際はそうでないことで、セキュリティ問題が発生する可能性があるとの指摘もあります。

新しい挙動には新しいボタンを準備すべきだったという意見や、3Dタッチで完全にオフにできる追加のオプションを準備すべきというコメントも寄せられていますが、当面の間は、この新しい挙動を覚えておくほかはないかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする