iOS 11にはTouch IDを一時的に無効化できる「コップボタン」が存在する

シェアする

Touchid

FBIが犯罪事件の犯人が使っていたiPhoneのロック解除を要求し、Appleがこれを拒否したことから争いになったニュースを覚えている方は多いかもしれません。

是非はともかく、Appleはユーザーのプライバシーをできるだけ保護するために努力している事だけは間違いないようです。

iOS 11では、警察等からTouch IDを利用したロックの解除を要請された際、これを素早く無効化してパスコードによるロックを有効にする緊急機能が存在することが判明しています(The VergeTechCrunch日本版)。

iOS 11 betaでは電源ボタンを5回連続で素早く押すと、SOS(緊急通話)画面が立ち上がり、パスコードを入力するまでロックの解除ができなくなるとのこと。

米国ではパスコードの入力によるロック解除は、法律によって保護されているのに対し、Touch IDによる解除はグレーゾーンであることからこの機能の有効性が成立します。

iPhone 8では顔認証機能によってデバイスのアンロックが可能になると予想されているなか、物理的強制によるiPhoneのアンロックを拒否できるこの緊急機能の重要性はより増していくのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする