iOS 11 GMのリークはApple内部の不満分子によって意図的に実行された?

シェアする

Pexels photo 113850

先日iOS 11 GMが流出して以来、ファイルが世界中の開発者によって解析されさまざまな情報が明らかとなっています。

Appleにとっては明らかに望ましくない自体ですが、Daring Fireballを運営するJohn Gruber氏は、このファイルは、Appleに不満を持つ従業員によって、ミスではなく意図的に漏らされた可能性があると考えているようです(BBC)。

The story no one seems to be talking about is how these GM builds leaked, including the build for D22, which revealed all sorts of heretofore unknown details. As best I’ve been able to ascertain, these builds were available to download by anyone, but they were obscured by long, unguessable URLs. Someone within Apple leaked the list of URLs to 9to5Mac and MacRumors. I’m nearly certain this wasn’t a mistake, but rather a deliberate malicious act by a rogue Apple employee. Whoever did this is the least popular person in Cupertino. More surprises were spoiled by this leak than any leak in Apple history.

iOS 11 GMは誰でもダウンロードできる状態にはなっていたものの、長く推測が難しいURLによって隠されていた模様。このためAppleに不満を持つ従業員によって、ミスではなく意図的にURLが漏らされた事に確信を持っているようです。

今回の流出より前、発売前のHomePodのファームウェアが流出したのも記憶に新しいところです。実際誰がファームウェアをリークさせたのかは分かりませんが、流出によって発表回の楽しみが失われてしまっているのは確かかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする