現時点でiOS6マップアプリ問題を解決する方法を調べてみた

現在iPhoneユーザーにとって最大の問題がiOS6のマップアプリ問題です。iOS6以降マップアプリがApple自家製マップアプリ変わりましたが、中身が伴っていなかったので批判の嵐に…。例えば下の地図は、かの有名なパチコンガンダム駅。

そこでこのエントリーでは現時点でiOS6マップアプリ問題を解決する方法をなんとか探ってみたいと思います。

独自地図データを持ったサードパーティマップアプリ

独自の地図データを利用しているアプリを使えば、iOS6の標準マップが何に変わろうが影響を受けません。

■MapFan for iPhone
MapFan for iPhone App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: ¥2,300

2,300円もする値段が難点ですが、以前より評価が高い地図アプリです。オフラインで地図データを持っている点はメリットでもありデメリットでもあります(容量を圧迫されるけど通信できなくても使える)。ルート検索あり。

■地図 Yahoo!ロコ
地図 Yahoo!ロコ App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料

無料で使えます。これも当然標準マップの影響を受けません。ルート検索あり。

■地図マピオン
地図マピオン App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料

無料だけど機能が少なめです。ルート検索なし。

独自にGoogleマップのデータを使うアプリ

詳細は不明ですが、おそらくGoogleマップのデータを利用して地図を表示するアプリもいくつか登場し始めています(Google Maps APIの使用には使用料金がかかるはずなので、この辺どうやってクリアしているかは気にかかるところですが)。

■なびすけHD
なびすけHD App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料

iPad専用というのが残念ですが、GoogleマップをAppleマップ上にオーバーレイする方法で従来のユーザー体験を実現しているみたいですね(恐らく世界初!iOS 6にGoogleマップ復活!なびすけHDがやりおった!)。ルート検索あり。

■マイマップ+
マイマップ+ App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: ¥85

現バージョン1.7では対応してませんが、次回1.8からはなんとGoogleマップとAppleマップを切り替えられるようにするそうです。これもオーバーレイ表示かな。ルート検索あり。

GoogleマップWeb版を使う

GooleマップのWeb版へのショートカットをホーム画面に貼り付けフルスクリーン化して使う方法があみだされています。

ただしGPSと連携しません。

まとめ

はじめは「MapFan for iPhone」一択か!?と思ってましたが、「地図 Yahoo!ロコ」が結構いいかもと思えてきました。見比べると建物の名前とか「地図 Yahoo!ロコ」のほうが詳しいような気がします。無料だしとりあえずお勧め。

後はApple先生かGoogle先生が根本的な解決策を提示してくれるのをまちましょう。

スポンサーリンク

1 個のコメント