Swiftで作られたiOS用の美しいアラートライブラリ「Sweet Alert iOS」

シェアする

スクリーンショット 2014 11 17 20 33 00

Sweet Alert iOS」はSwiftで作られたiOS用の美しいアラートライブラリ。最近話題となったJavaScript製の「Sweet Alert」からインスパイアされて作られたもので、SwiftまたはObjective-Cから利用することができます。

オリジナル同様アニメーション付きのモダンなアラートを表示することができるので、アプリに組み込んで便利に使うことができそうです。

使用方法

スクリーンショット 2014 11 17 20 30 57  スクリーンショット 2014 11 17 20 39 43
サンプルプログラムを起動するとボタンがずらっと表示されます。一番上から下にいくに従ってだんだんと複雑なアラートが表示されます。一番シンプルなタイトル行だけのアラートは次のように呼び出すことができます。

SweetAlert().showAlert("Here's a message!")

もう少し複雑に。

スクリーンショット 2014 11 17 20 31 03  スクリーンショット 2014 11 17 20 41 36

タイトルとサブタイトルを表示したり、

SweetAlert().showAlert("Here's a message!", subTitle: "It's pretty, isn't it?", style: AlertStyle.None)

アニメーションアイコンつきで表示したり。

SweetAlert().showAlert("Good job!", subTitle: "You clicked the button!", style: AlertStyle.Success)

まとめ

オリジナルのSweet Alert風でデザインもよく使いやすそうです。人より一歩先を行くアラートライブラリを探している方は試してみてはいかがでしょうか。ライセンスはMITライセンスです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする