映画館でも安心。watchOS 3.2のベータ版に「シアターモード」が追加される

S 20170131 95257

Appleは本日、開発者に対してwatchOS 3.2系初となるベータ版を公開。「シアターモード」と呼ばれる新機能が追加されていることが分かりました(MacRumors)。

シアターモードはその名の通り映画館などで使用するためのモードで、サウンドがミュートになるのに加え、手前に傾けてスリープ解除機能が無効になります。実際にシアターモードが動作する様子を撮影した動画は以下の通りです。

シアターモードを利用するには、Apple Watchの画面を上方向にスワイプし、コントロールセンターを表示してアイコンをタップします。シアターモードが有効になった状態でも通知は有効なままで、振動によって通知を受け取ることは可能です。受け取った通知はタップやデジタルクラウンを押すことで確認することができます。

スポンサーリンク