iOS用の作業自動化アプリ「Workflow 1.5」がリリース - Composerの刷新、22の新しいアクションが追加

シェアする

NewImage

App Store Best of 2015にも選ばれたiOS用の作業自動化アプリ「Workflow」の最新版v1.5が、5月26日にリリースされました(公式ブログMacStories)。

v1.5ではWorkflow Composerが刷新され、高速かつ堅牢に改善されたほか、22の新しいアクションが追加、さらに細かな修正が多数追加されています。

Workflow: Powerful Automation Made Simple App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥480 → ¥360 (記事公開時)
iOS用の作業自動化ツール。

v1.5のWorkflow ComposerはComponentKitを使って作り直されたことによってパフォーマンスと信頼性が大幅に改善し、ワークフローの実行速度も改善されています。

ドラッグ&ドロップの機能も向上し、これまでもよりもワークフローの組み立てが容易に行えるようになりました。以下の便利なショートカットが6つ追加されています。

  • ⌘R to run the workflow 
  • ⌘. to stop the workflow 
  • ⌘F to search for an action 
  • ⌘Z to undo 
  • ⌘⇧Z to redo 
  • ⌘W to close the workflow

S 2016 05 27 23 33 08

また新しいアクションが22個追加されています。App Store、Apple Music、iTunes Store、Trello、Ulyssesといったアプリに対応し、Apple Musicのプレイリストを変更したり、App StoreやiTunes Storeを検索したり、Ulyssesのシートを作成したりといった作業を自動化することができるようなりました。新しいアクションの詳細は公式サイトにて確認できます。

さらに長いワークフローを確認する際に便利な検索機能や、Safari View ControllerでURLを表示する新しいShow Web Pageアクション、正規表現でグループをキャプチャする機能など細かな改良も加えられています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする