デバイスログによると新型iPadの登場が近い?

シェアする

S 20160322 100025

複数の新型iPadが、Apple本社の存在するクパチーノとベイエリア周辺でテストされていることがわかり、噂される新型iPadの発表が近いことをうかがわせる情報として注目を集めています(MacRumors)。

TechCrunchによると、モバイルマーケティング会社Fiksuによって集められたデータの中に、新しいiPadのモデル識別子が含まれていたとのこと。4つの識別子がデータログに含まれていたものの、歴史的にWi-Fiモデルと、Wi-Fi+Cellularが異なる識別子を持つため、4つの新モデルが登場するわけではないと見られています。

見つかったデータと個数の対応は以下の通り

  • iPad 7,1 - 17
  • iPad 7,2 - 11
  • iPad 7,3 - 5
  • iPad 7,4 - 10

現行のiPad Proの識別子と似たものであることがわかります。

  • 12.9-inch iPad Pro (Wi-Fi) - iPad 6,7
  • 12.9 inch iPad Pro (Cellular) - iPad 6,8
  • 9.7-inch iPad Pro (Wi-Fi) - iPad 6,3
  • 9.7-inch iPad Pro (Cellular) - iPad 6,4

Appleは新型のiPad Proで、ナローベゼルを採用した10.5インチモデルを計画していると考えられているため、新しく見つかったモデル識別子は、10.5インチ/12.9インチiPad Proの存在を示している可能性があります。一方既存の9.7インチモデルは低コストのローエンドモデルとして生まれ変わるとの情報があります。

Fiksuchart

Fiksuはまた、年月ごとの新型iPadのモデル識別子のカウント数を示すグラフを公開しており、これからも新型iPadのテストがかなり増えていることが分かります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする