iPad Retinaの超高解像度ディスプレイを外付けディスプレイに改造する「Oscar」アダプターが凄そう

シェアする

スクリーンショット 2014 03 05 11 24 00

Oscar」は現在Kickstarterで資金調達中のプロジェクト。Retina iPadや、高解像度タブレットの9.7インチLCDを外付けディスプレイ化する、Arduino互換アダプタの開発を目指しています。

コンピューターとLCDの接続には、Thunderbolt、もしくはDisplayPortを使用。上の画像のように、セカンドディスプレイとしても使用することも可能。

スクリーンショット 2014 03 05 11 22 58

Retina iPadの解像度は、2048x1536ピクセルなので、ソースコードを表示しても十分余裕があります(細かすぎるかもしれない)。

NewImage

フルキットに付属するもの。アクリルケースや、LCDパネル、OSCARアダプタ、Displayportケーブル、スタンド(コンパスか?)など。これで150ポンド(2.5万円ほど)。LCDパネルのない、もっと安いセットも準備されています。

不要になったタブレットの高解像度ディスプレイを有効活用として興味深いプロジェクトですが、はたして目標金額をクリアすることはできるのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする