2018年に発売される6.1インチのローコストiPhoneはメタル筐体を採用か

シェアする

Kuo modems

Appleは2018年に3種類のiPhoneを発売するとの噂が流れています。2種類はiPhone X路線を引き継ぐOLEDディスプレイを採用した高価格モデルになるのに対し、低価格のLCDディスプレイを採用した6.1インチモデルは、iPhone 7/7 Plusのような金属筐体を採用ようだとNikkei Asian Reviewが伝えています(MacRumors)。

LCDモデルは6.1インチディスプレイを搭載し、2つのOLEDモデルは5.8インチと、6.2インチまたは6.3インチになるとのこと。

メタル筐体を採用したLCDモデルは、既存のアルミ製のiPhoneと同様のカラーバリエーションが存在し、デバイスはPegatronの子会社であるCasetekが製造するそうです。

今回の報道は、Apple関連の正確な予想でおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏の予想と概ね一致するものです。ただし厳密にには、Kuo氏はOLEDモデルが、5.8インチと6.5インチになると主張していて、大型モデルのインチ数が少し異なっています。安価なLCDモデルは6.1インチの予想で一致しています。

Kuo氏は6.1インチモデルの筐体の素材には言及しませんでしたが、手頃な価格を実現するため「低解像度」なモデルになるとも伝えています。今回の金属製筐体採用が当たっているのなら、iPhone 8で取り入れられていたワイヤレス充電機能は省略されることになるのかもしれません。

OLEDモデルとLCDモデルの機能の差が許容できるならば、価格重視のユーザーにとって6.1インチモデルも選択肢に入ってきそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする