2019年型iPhone Xのノッチは小さくなる?

Iphone x earpiece 800x565

Appleのフラッグシップスマートフォン「iPhone X」では、長らくiPhoneの象徴でもあったホームボタンが削除され、全面ディスプレイが採用されています。

ただし画面上部にはフロントカメラや、各種センサーを格納するための切り込みが存在し、ユーザーの賛否を集めているなか、2019年に発売される新型iPhoneではこの「ノッチ」が小型化される可能性があると伝えられています(9to5Mac)。

韓国のET Newsによると、Appleは2019年に発売されるiPhoneで、Face IDセンサーをフロントカメラに統合する方法を調査しているとのこと。

According to industries, it is heard that Apple is planning to strengthen face sensing function starting from 2019 models. That is why it is planning to increase number of parts that will be used for iPhones and is looking into combination of a face recognition module with a camera module.

業界情報によると、Appleは2019年モデルから顔検出機能を強化する予定だと聞いている。iPhoneに使用される部品の数が増える予定で、顔認識モジュールとカメラモジュールの結合が検討されている。

iPhone Xは現在各種センサーに加え、顔認証には利用されていない標準のRGBカメラと、顔認証のためのIRカメラを搭載しています

Iphone x notch sensor housing

記事では具体的に触れられていませんが。Appleが例えば、このIRカメラとRGBカメラを統合することができれば、「ノッチ」ことセンサーハウジング部分を狭くすることが可能となり、真の全面ディスプレイの実現へ一歩近づくことができると考えられます。

スポンサーリンク