Apple、iPhone 8 Plusの「ポートレートライティング」機能を紹介する新しいCMを公開

シェアする

I8plus and 8 glass back

iPhone 8 Plusはデュアルレンズの12メガピクセルカメラを搭載し「ポートレートライティング」を使ったポートレートモードを初めて採用しました。ポートレートライティングでは、深度マップを作成し、被写体を背景から分離することで5つの異なる照明スタイルのポートレートが撮影可能となると説明されています。

今回この「ポートレートライティング」機能がよく分かるCM動画がYouTubeにて公開されています(MacRumors)。

動画にはミュージックグループ「The Shacks」のボーカル「Shannon Wise」が登場し、ポートレートライティングを利用したさまざまな照明エフェクトが、iPhone 8 Plusのカメラアプリから利用できることが確認できます。

なおポートレートライティングは、これはら発売される「iPhone X」でも利用可能です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする