パーツから実際に動作するiPhone 6sを完成させた男あらわる

シェアする

Scotty Allen DIY iPhone image 001

元エンジニアのScotty Alle氏が、中国のパーツショップで購入したiPhone用部品を利用し、実際に動作する「iPhone 6s」を完成させたことが判明しました(MacRumors)。

部品の購入金額は1,000ドルを超えたそうですが、不要な部品が多く含まれていたため、実際のiPhoneに含まれているパーツは300ドル程だったとされています。

部品は中国の深セン市の携帯パーツショップで入手したもので、リサイクル品のTouch IDつきロジックボードや、ディスプレイ、バッテリー、ケースなどを購入し、iPhone 6sのDIYに成功。Touch IDはセキュリティ上の理由からロジックボードに一体化されており、ロジックボードに半田付けすることはできなかったそうです。

Redditには本人が降臨し、各種質問にも回答しています。組み立て工程の詳細が気になる方はこちらもどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする