iFixit、iPhone 10周年を分解で振り返る特設記事を公開

シェアする

Iphone1

Apple製品を始めとしてさまざまなデバイスを美しく分解することでおなじみのiFixitが、iPhone発表10周年を記念し、iPhoneの歴史を分解写真で振り返る特設記事「10 Years of iPhone」を公開しています(MacRumors)。

iFixitによると、iPhoneはモデルを重ねるごとに高く、広く、薄くなってきたそうで、予想に反してより修理しやすくなる傾向にあるようです。例えば初代iPhoneが2/10(10が最も修理しやすい)という修理しやすさだったのに対し、iPhone 3Gで7/10と大きく改善され、今年発売されたiPhone 7でも7/10という修理しやすさを保っています。MacBookやiMacの修理がどんどん困難になっていったのと対照的で、興味深い比較だと思います。

POGETDcZmyClraJF

最初の初代iPhoneの画像と比較すると、iPhone 7では内部構造も大きく進化していることが分かります。分解マニアの方は要チェックの情報かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする