iFixit、「iPhone SE」を分解し、ディスプレイはiPhone 5sと交換可能であることを発見する

NewImage

Apple製品の分解でおなじみの修理業者iFixitが「iPhone SE」の分解レポートを公開しました(MacRumors9to5MaciDownloadBlog)。iPhone SEで使用されている部品のいくつかが、iPhone 5sの部品と交換可能であることが明らかになっています。

iFixitによるとiPhone SEのスピーカーや筐体、SIMトレイ、ディスプレイパーツ等はiPhone 5sのものと互換性があり、実際に取り替えてテストしたところ"プラグアンドプレイ"形式で問題なく動作するとのこと。対してロジックボードや、背面カメラ、Lightningアセンブリ、バッテリー等は互換性がありません。

iPhone SEのバッテリー容量は1,624mAhとiPhone 5sの1,560mAhから少し増量されていますが、バッテリーコネクタの形状が異なるためiPhone SEのバッテリーをiPhone 5sに逆移植することは不可能となっています。

またスペックシートに記載されていないメモリ容量は、SK Hynix製の2 GB LPDDR4 RAMが搭載されていることが判明しています。

NewImage

X線画像でもiPhone 5/5s/SEはかなり似通ったレイアウトになっていることが分かります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする