「iPhone 7」のものらしき写真がさらに流出 - カメラの出っ張りはやっぱり継続か?

シェアする

NewImage

最近さまざまなiPhone 7リーク写真が公開されている中国版TwitterことWeiboにて、「iPhone 7」のものとされる筐体写真がまたもや公開されていることが明らかとなりました(MacRumors9to5Mac)。

今回公開された画像では、iPhone 6以来のカメラの出っ張りがiPhone 7にも残っていることが確認できるほか、カメラホールが若干大きくなり、また位置が少し左上隅に寄っていることが分かります。カメラホールが大きくなっていることは、カメラモジュールの性能向上を示唆しているのかもしれません。

また背面の樹脂製のアンテナラインも変更されていて、iPhone 6/6sのようなDラインではなく、水平線部分がなくなり、エッジ部分のみに改善されていることが分かります。

NewImage

同じ投稿者はディスプレイケーブルの部品の写真も投稿していて、これはiPhone 6sのものとは異なる形状となっています。

iPhone 7ではカメラの出っ張りが無くなるのではという噂情報も流れていましたが、これまでのリーク写真では出っ張りが残っているものが多いようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする