iPhoneを高速化する(実際はApp Storeをリロードする)10回タップコマンド

シェアする

10timestap

「上上下下左右左右BA」といえばコナミがファミコン版グラディウスに仕込んだフルパワーアップコマンドとして有名ですが、それと同じような「10回タップコマンド」が、iPhoneにも仕込まれていたことが判明し話題となっています(BGRINTERNET Watchスラド)。

コマンドはApp Storeアプリを起動し、タブバーのアイコンをどれでもいいので10回連続でタップするというもの。実際10回連続タップしてみると、直後に画面が白くなりリフレッシュしていることが確認できました。

ただしこのコマンドは、情報の発信源であるzachary drayer氏がTwitterでつぶやいているように、App Storeのキャッシュをクリアしコンテンツをリロードするというものです。iPhone自体を高速化するといった魔法のコマンドではありません。BGRによると、App Storeアプリ以外にも、iTunes、iBooks、Apple Watchアプリでも有効とのこと(対してPodcast、Music、Game Center、メッセージ、電話では効果がないらしい)。

デバッグ用だとは思いますがAppleがこっそり裏コマンドを仕込んでいたのは興味深いです。App Storeアプリの状態がおかしくなったときに使ってみると役立つかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする