【噂】「iPhone 6」5.5インチモデルの発売日が最悪2015年にずれ込むかも。その意外な原因とは?

シェアする

Iphone6 3

今年発売されるiPhone 6は、4.7インチ/5.5インチの2サイズ構成になるという予想が有力です。しかし、この中の大きい方「5.5インチモデル」の発売日が、最悪2015年まで遅れる可能性があるとの見方が出てきました(MacRumors9To5Mac)。

この主張を展開しているのはiPhone関連の様々な情報に強いKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏。氏は4.7インチモデルのiPhone 6でもインセル型タッチパネルと金属筐体の歩留まりが生産上のボトルネックとなっていて、大サイズのタッチパネルで端の反応が鈍くなったり、金属筐体に色ムラが発生するなどの問題を抱えていると指摘しています。

5.5インチモデルのiPhone 6では4.7インチモデルと同様の問題がより複雑化する上、さらに5.5インチモデルで採用されるサファイアガラスが落下試験に容易にパスできないため、5.5インチモデルの発売日が2014年の終わり〜2015年初頭になると予想しています。

この情報が本当ならば5.5インチiPhone 6の購入を狙っている方は今しばらくの辛抱が必要になりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする