【悲報】iPhone 6シリーズで発生中のタッチ不能問題「Touch Disease」が集団訴訟へ発展

シェアする

Iphone

iPhone 6/6 Plusでディスプレイに灰色のバーが表示されたりタッチ不可能となる問題「Touch Disease」が多数発生していると報じられています。

このような中、Thomas Davidson(ペンシルバニア)、Todd Cleary(カリフォルニア)、Jun Bai(デラウェア)ら3氏は、Appleに対し同問題に関する集団訴訟を起こしました(MacRumors9to5Mac)。訴状はサンフランシスコ連邦地裁に対し提出され、Appleがカリフォルニア州の消費者詐欺に関する法令や、マグヌソン・モス保証法、ソン・ビバリー消費者保証法に違反している事が主張されています。

Apple has long been aware of the defective iPhones. Yet, notwithstanding its longstanding knowledge of this design defect, Apple routinely has refused to repair the iPhones without charge when the defect manifests. Many other iPhone owners have communicated with Apple’s employees and agents to request that Apple remedy and/or address the Touchscreen Defect and/or resultant damage at no expense. Apple has failed and/or refused to do so.

As a result of Apple’s unfair, deceptive and/or fraudulent business practices, owners of the iPhones, including Plaintiffs, have suffered an ascertainable loss of money and/or property and/or value. The unfair and deceptive trade practices committed by Apple were conducted in a manner giving rise to substantial aggravating circumstances.

原告はTouch Diseaseが発生したiPhoneの修理、リコール、交換や、Touch Diseaseに関連した問題が発生したiPhone 6/6 Plusの保証の延長を求めています。

IPhone 5s metal shield

訴状ではiFixitのWebサイトの情報を引用し、iPhone 6シリーズにこれまで存在したロジックボードのメタルシールドが無くなっていることが問題の原因であるとの主張が行われています。

MacBook Pro 2011のGPU問題と比較すると問題発覚から集団訴訟に至るまでかなり早い展開でした。iPhone 6ユーザーの一人として問題の展開を見守りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする