思ったより差がない?Appleの主張を支持するA9チップのバッテリーテスト結果が公開される

シェアする

NewImage

正確な技術記事を公開する事でお馴染みのArs Technicaが、Samsung、TSMC製A9チップを搭載した「iPhone 6s」に対して新たなバッテリーテストを実施し結果が注目されています(MacRumors9to5Mac)。

Ars Technicaが実施したテストは、Wi-Fi browsing、WebGL、Geekbench 3、GFXBenchの4種類。テストに用いられたiPhone 6sはAT&Tモデル。SIMカードは取り外され、明るさその他の設定は同じに揃えられています。

結果、上の画像のようにTSMC優位な傾向はあるものの、Geekbench 3以外のテスト結果はだいたい似通った数値になっていることが判明しました。Geekbench 3のテストはCPUを激しく使用し続けるテストで、Appleが現実的なテストではないと主張しているタイプのベンチマークテストです。

Ars Technicaは「TSMCチップがSamsungチップよりバッテリーが長持ちする状況は間違いなく存在するが、一般的な問題ではない。大部分がアイドル状態または低いCPU/GPUロードといった環境ではSamsungチップは、TSMCチップと同じように振る舞うだろう。Samsungが苦労するようなCPUを激しく使う状況はスマートフォンでは一般的ではなく、多くの場合iPhone 6sのバッテリー持続時間はどちらのチップが使われていても同じようになるだろう」と結論づけています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする