「iPhone 6s」のディスプレイパーツ写真が大量公開される、FaceTimeカメラも進化確実か

NewImage

Appleの情報に強い海外テックサイト9to5Macが、iPhone 6sのものとされるディスプレイパーツの写真を大量に公開しています。

写真に収められたディスプレイパーツは、これまでに何度もリークされてきたパーツと基本的に同じモノのようですが、より解像度が高く、iPhone 6sに関する新たな情報を読み取ることができるものとなっています。

Face Timeカメラの機能が向上

新しい情報の1つ目はFace Timeカメラの機能が向上するとの予想です。これはディスプレイパーツのフロント側写真が根拠となっていて、白のiPhone 6と比較し、黒のiPhone 6sのほうがセンサーサイズが大きいため、Face Timeカメラの解像度および機能が向上するのではないかと予想されています。

9to5Macは、"自撮り"を改善するソフトウェアベースのフラッシュ撮影機能と、スローモーションビデオキャプチャー、パノラマ撮影が可能になる新たなモードが搭載されるだろうと主張しています。

Force Touchが確実に搭載

NewImage

2つ目の情報はForce Touchに関する情報です。上の写真の中央にある四角の部品はやはりForce Touch用のハードウェアで Force Touch回路か、Taptic Engineではないかと見られています(iPhone 6sには、触覚フィードバックつきの感圧対応ディスプレイが採用されてるとみられています)。

9to5Macにはさらに大量の写真が掲載されていますので、気になる方は参照してみてください。リークパーツ撮影した動画も公開されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする