「iPhone 6s」の筐体の厚みをデジタルノギスで測定した結果…

NewImage

9月9日に発表される事が予想されている「iPhone 6s」では筐体が「iPhone 6」よりも少し厚く、大きくなることが予想されています。では、実際にどのくらいのサイズになるのでしょうか?MacRumorsがデジタルノギスを使ってiPhone 6sの筐体を測定した結果を写真として公開しています。

NewImage

写真によるとiPhone 6sのサイズは138.19 x 67.68 x7.08mmということで、iPhone 6のサイズ、138.1 x 67.0 x 6.9mmと比較するとわずかですが大きく、厚くなっていることが分かります。もちろん筐体の個体差や測定方法による誤差などが存在する可能性もありますが、Unbox Therapyが計測した結果が138.26 x 67.16だった事を考えると、大きくなっていることは間違いないといえそうです。

サイズの増加と7000番台のアルミ素材の採用によって、iPhone 6sが曲がる心配はしなくても良くなったのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする