タッチセンサー式のホームボタンを採用したとされる「iPhone 7」の写真が公開される

NewImage

WWDC 2016の基調講演も無事に終了し、人々の興味は再び次世代iPhoneに戻ってくるころかもしれません。そのようななかモバイルテックサイトmobipicker.comは、「iPhone 7」のものとされる新たな写真を公開し注目を集めています(MacRumors9to5Mac)。

今回公開された写真はiPhone 7を前面から撮影したもで、iPhoneの特徴である物理ホームボタンがタッチセンサー式に変更されていると主張されています。

NewImage

mobipicker.comによるとタッチボタンは窪んでおらず、ベゼルと同じ高さになっているようです。従来のホームボタンのように押し込む必要はなく、代わりにタップすることでホームボタンの機能を呼び出せるようです。

写真からは、ベゼルがわずかに狭くなっていること、およびフロントカメラやセンサーの位置が移動していることも確認できます。

NewImage

タッチ式のホームボタンは突拍子もないアイデアのようにも思えますが、iPhone 7に防塵・防水性能を持たせるためにAppleがタッチセンサー式ホームボタンをテストしているという噂も流れています。

この写真の真贋は不明ですが、将来的にタッチ式ホームボタンがあったとしても不思議ではないのかもしれません。

スポンサーリンク