iPhone 7sはガラス筐体のせいで微妙に大きくなるかも?

シェアする

Iphone 7s masse skizze

Appleは今年、全面ディスプレイを採用した「iPhone 8」に加え、iPhone 7シリーズの改良版である「iPhone 7s/7s Plus」を発売すると予想されています(名前に関しては諸説ありますが、とりあえずここでそのように呼ぶことにします)。

世間の注目がiPhone 8に集中しているなか、ドイツのサイトGiga Appleは、Foxconnの内部情報を知っていると主張するケースメーカーから情報を入手し、iPhone 7sが、iPhone 7より0.1mmほど大きなサイズになると伝えています(9to5Mac)。

上記画像によるとiPhone 7およびiPhone 7sのサイズは以下の通り

  • iPhone 7: 138.31mm x 67.14mm x 7.1mm
  • iPhone 7s: 138.44mm x 67.27mm x 7.21mm

高さと幅が0.13mm、厚みが0.1mm増えていることが分かります。

今回のサイズの増加は、ワイヤレス充電を採用するため、ガラス製筐体が採用されたことが原因にあるとのこと。

過去を例にとると、iPhone 6からiPhone 6sへの移行時に、3D Touch対応の感圧ディスプレイ採用のために、厚みが0.2mm増加した実績があり、今回のサイズ増加説も、説得力のある情報ように思えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする