【KGI】iPhone 8はガラス筐体を採用。プレミアムモデルではステンレスフレームも

Iphone7s

おなじみKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、来年発売される新型の「iPhone 8」に関する新たなレポートを発表しました(MacRumors9to5Mac)。iPhone 4のように前背面ともにガラスが採用されるとともに、プレミアムモデルではステンレスフレームが採用される可能性があるとしています。

While a glossy finish is possible for metal casing, we identify two prerequisites for the 2017 new iPhone to be competitive in terms of casing design, considering competitors will definitely launch smartphone models with glossy metal or glass casing prior to Apple’s launch: (1) adoption of a glossy finish design; (2) enhanced productivity and higher yield will prevent a supply shortage, as has happened with jet black casing, which is manufactured at an unsatisfactory yield rate of 60-70% due to the metal material; and (3) better scratch resistance will improve user satisfaction. All things considered, we see glass casing as the only option.

Kuo氏は2017年に発売されるiPhone 8の筐体デザインは、光沢仕上げが可能で、歩留まりの悪さが改善でき、傷に対する耐久性がある素材として考えると、唯一のオプションがガラスの採用となるとしています。

ガラス筐体によって、iPhone 7ジェットブラックモデルの歩留まりの悪さや傷のつきやすさを改善できる可能性があるのです。

Metal frame can be stainless steel or aluminum, with former more likely for high-end models. As all-glass casing is not possible at present given technological bottlenecks, a metal frame surrounding the edge is necessary for reinforced structure design. As stainless steel has a better look than aluminum and costs more, we expect only high-end new iPhone models to come with a stainless steel frame next year.

またフレームはステンレスまたはアルミ製となり、ステンレスはハイエンドモデルで採用されるとのこと。全体的なガラス筐体は現在の技術では不可能で、強度を補強するためのメタルフレームが必須。ステンレスはアルミより見た目がよく、その分コストもかかるためハイエンドモデルだけに使用されると根拠をあげています。

Kuo氏は2017年発売のiPhoneで、OLEDディスプレイを採用した5.8インチの新モデルの登場も予想しています。LCDディスプレイを採用する4.7インチ/5.5インチモデルとともに3モデル構成になるとのことですがはたして結果はいかに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする