【KGI】iPhone 8は新型の3Dタッチ技術や顔認証センサーが導入される?

S 20170111 93102

おなじみKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が新しい調査レポートを発表。Appleが2017に発表するiPhoneに、新しい生体認証機能や、改良された3Dタッチが可能な、フレキシブルOLEDディスプレイをサポートするための新構造が導入される可能性があることがわかりました(MacRumors9to5Mac)。

Apple may switch to a film sensor from the current FPCB sensor in order to provide better 3D Touch user experience, as a film sensor offers higher sensitivity. Also, we expect the new OLED iPhone will come with a flexible OLED panel. To avoid deforming the form factor of the flexible OLED panel from touch operation pressure, a metal structural part will be placed under the film sensor to provide more robust structural support.

Kuo氏はまずAppleが、iPhoneの3D Touch体験を改善するため、現行のFPCBセンサーからより感度の高いフィルムセンサーに切り替える可能性あると主張。OLEDタイプのiPhoneには、フレキシブルOLEDパネルが採用となり、タッチ操作の圧力による変形を防ぐため、金属構造部品がフィルムセンサの下に配置され、強固な構造を提供すると予想しています。

また、次世代のTouch ID技術も開発中で、フルスクリーン筐体で利用するために、"ガラスの下"ではなく、"パネルの下"で利用できるタイプのTouch IDになるとしています。最終的には、指紋認証システムは、顔認証システムで置き換えられるとしながらも、技術的課題を克服できない場合、指紋認証と顔認証の組み合わせも考えられるとのこと。

iPhone 8はフルスクリーンディスプレイを採用し、顔認識や虹彩認証機能などの先進的な認証機能が搭載されるとの噂が以前流れたことがありました。やはりiPhone 8は、iPhone発売10周年記念モデルとして、かなり大幅な変更が行われることになるのでしょうか。目が離せない状況です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする