iPhone 8のレンダリングイメージが完成 - 史上最高のモノリス感が実現か

シェアする

Screen Shot 3 800x466

今年発売が予想される新型のiPhoneに関してはすでにさまざまな噂情報が出回っていますが、中でも特に興味深い情報は、フロント部分を全体的に覆う全面ディスプレイの採用と、それにともないホームボタンが削除されるというものかもしれません。

今回この情報を裏付ける情報ともなった流出したCAD画像を元に、著名なリーカー@OnLeaks氏が3Dレンダリング画像を作成して公開しました(MacRumors9to5Mac)。

公開されたレンダリング画像で具現化されたiPhone 8は、エッジからエッジをカバーする全面ディスプレイを採用し、フロント部分からはホームボタンが削除。上から見れば真っ黒の小さな板のように見える外観となっています。

IP8 04 800x453

同時に背面はデュアルレンズカメラが縦型に配置されているのが特徴で、一部の噂情報が主張する、背面Touch IDは存在しない仕様となっています。

流出した情報を元に作成されたレンダリング画像なので、本当にiPhone 8がこのような情報になるかどうかは不明ですが、個人的にはカメラの出っ張りが大きく感じるのが気になるところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする