iPhone 8の仮想ホームボタンはサイズ可変で非表示にすることもできる?ステータスバーの形状も明らかに

シェアする

Kuoiphone8size

今年発売される「iPhone 8」は、全面ディスプレイの採用によって物理ホームボタンが廃止となり、かわりに仮想的なホームボタンが提供されることになると予想されています。

今回著名なiOS開発者、Steve Troughton-Smith氏が、HomePodのファームウェアの調査を続けた結果、iPhone 8のホームボタンエリアについていくつかの事実を発見したと報告していることがわかりました(MacRumors9to5Mac)。

iPhone 8のホームボタンエリアは以下の特徴を持つとのこと:

  • リサイズ可能
  • インジケーターを非表示にできる
  • 色を変更するためのAPIはない
  • タブバーをその下に拡張できる

ホームボタンエリアにはシステムが利用する「周辺領域」が存在し、ホームボタン等の拡大・縮小、表示・非表示が可能になると説明されています。

また同氏はiPhone 8で採用されるステータスバーのメトリックスも発見していて、これを元にUIデザイナーOlivier Charavel氏がモックアップを作成して公開しています。

Iphone 8 sensors area

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする