全面ディスプレイ採用の「iPhone SE 2」はこうなる?新たなコンセプトイメージが公開

シェアする

IPhoneSE1

Appleは今年「iPhone X」でホームボタンを削除し全面ディスプレイを採用しました。全面ディスプレイの採用が今後も順調に進んでいくならば、現行のiPhoneシリーズの中で最小の「iPhone SE」も影響を受けることになるのかもしれません。

Apple製品のコンセプトイメージでおなじみの、ドイツのサイトCurvedは、全面ディスプレイを採用した「iPhone SE 2」とiPhone Xよりさらに大型の「iPhone X Plus」のコンセプトイメージを公開しています(AppleInsider)。

IPhoneSE2

iPhone Xでもおなじみとなったカメラやセンサーを格納するための「ノッチ」が、ディスプレイの上部に存在することがわかります。

ただし、2018年に発売される可能性が高そうな「iPhone X Plus」に対して、全面ディスプレイを採用した「iPhone SE 2」はコスト面から考えても、すぐに実現されることはなさそうだと予想されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする