「iPhone SE 2」は2018年前半に発売か

シェアする

IPhone SE four colors

台湾のニュースサイトEconomic Daily Newsは、第二世代の「iPhone SE」が2018年前半に発売される可能性があると伝えています(MacRumors)。

「iPhone SE 2(仮名)」は、台湾のメーカーWistronによって、ドイツのベンガルールにある工場によって組み立てられ、ローエンドマーケットのための製品として、最も安いiPhoneになる模様です。

なおオリジナルの「iPhone SE」が2016年3月に発売されたため、「iPhone SE 2」もその時期の発表が有力なのかもしれません。

これまでの噂によると、SE 2にはA10 Fusionプロセッサ、2GBのRAM、32GB or 128GBのストレージ、12MPのカメラ、わずかに大容量になった1,700mAhのバッテリーなどが搭載されることが予想されています。全面ディスプレイやFace ID、無線充電といった最新モデルの機能はコスト面から導入が見送られると見込まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする