【KGI】iPhone 7 Plusとジェットブラックモデルの強い需要にもかかわらず出荷数は低調

Iphone7plus lineup 800x628

おなじみKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、iPhone 7/7 Plusの予約や需要に関する新たなレポートを発表しました(9to5Mac)。Kuo氏はiPhone 7 Plusの需要が予想よりも多かったとしながらも、iPhone 7シリーズ全体の出荷数はiPhone 6sよりも少なくなるだろうと主張しているようです。

Kuo氏はまずiPhone 7 Plusの需要増加の要因としてGalaxy Note 7のバッテリーリコールの影響を指摘しています。大画面を求めるユーザーがiPhone 7 Plusに流れたのに加え、iPhone 7 Plusに独占的に搭載されたデュアルカメラレンズも理由の一つにあげています。

また予約された一番人気のカラーはジェットブラックで、全世界のiPhone 7の予約の30%〜35%、中国の予約の45〜50%がジェットブラックとされ、ストレージ容量は128GBモデルが最も人気となっているようです。

またiPhone 7とiPhone 7 Plusの予約の割合はだいたい等しく、iPhone 7 Plusの割合がこれまでより増加した原因にも、Galaxy Noteが影響しているとのこと。

Kuo氏は、iPhone7とiPhone7プラスを取り巻く初期の品不足の原因は、完全に市場の需要によるものではなくジェットブラックモデルの歩留まり率の低さにあると指摘しています。歩留まりが60%〜70%で十分な数の製品を供給できていないのに加え、昨年12ヶ国同時発売だったのが今年は28ヶ国同時発売となったことも品不足に拍車をかける原因となった模様。

スポンサーリンク