爆速で経費を入力できるiPhoneアプリ「Taxnote」を使ってみた

NewImage  NewImage

確定申告やってますかー!?。特に青色申告を行っている方はこの時期なにかとめんどくさい作業が多く、憂鬱になることが多いのではないでしょうか。そんなあなたを助けてくれるかもしれない爆速経費入力アプリ「Taxnote」がリリースされています。

Taxnote 確定申告 青色申告の仕訳帳 App
カテゴリ: ファイナンス
価格: 無料

作者ブログによると「日々の経費を楽に記録したいというフリーランス・個人事業主の人向け」のアプリ。主に現金などで支払った経費の入力をその場で素早く行えることが特徴。作成した仕訳データは、弥生会計やFreee向けにエクスポートすることもできます(用アプリ内課金)。さっそく試してみました。

仕訳入力

Main 1  IMG 1984

例えば電車代を現金で払った場合、「支出を記録」タブで「旅費交通費 > 電車代」と進み、

IMG 1985IMG 1986

金額を入力。「仕訳帳」タブを確認すると、「旅費交通費 / 現金」の仕訳が追加されていることが確認できます。基本的な流れはこれだけです。

データのエクスポート

IMG 1982

「設定」タブで、仕訳データをメール送信(エクスポート)することもできます。無料だと「標準CSVファイル」だけ可能。弥生会計やFreee用のエクスポートはアプリ内課金すれば使えるようになります。

Taxnote

まとめ

レシートを見ながらまとめて入力する場合は、インポート/エクスポートの手間が必要ないぶん、会計ソフトを直接使ったほうが手っ取り早そうですが、仕訳をその場で逐一入力していく用途なら結構使えそうなアプリだと思いました。実用する場合、アプリ内課金必須だと思うのでその点は要確認です。

便利なアプリを使って確定申告を乗り越えていきましょう(姉妹サイト「ひとりでできる青色申告」もよろしくお願い致します)。

スポンサーリンク