【要注意】Adobe IllustratorとInDesignはmacOS High Sierraで正常に動作しない

シェアする

Adobeillustratorindesign 800x360

AdobeはIllustratorInDesignを使用しているユーザーに対し、macOS High Sierraへのアップデートを保留するよう要請しています(MacRumors)。IllustratorとInDesignがmacOS High Sierraに現時点で完全には対応しておらず、正常に動作しないことが原因です。

IllustratorではApple File System関連したエラーが報告されていて、Illustratorの新規インストールでエラーが発生したり、インストール済みの場合でも、アプリの起動時、ファイルのオープン、ドキュメントの作成時などでエラーが起こっているようです。

別にGPUに関連した問題として、カラー管理や、ブラシのレンダリング、ライブコーナーウィジェットなどに関係した問題も発生しているようです。GPU問題に関してはワークアラウンドが存在しますが、APFSの問題に関しては回避方法がありません。

一方InDesignではカーソルが正しく描画されない問題が存在していて、こちらもワークアラウンドが存在していません。

AdobeはmacOS High Sierraにアップデートする前に、ソフトの互換性を確認するために本番用ではないパーティションでソフトウェアをテストすることや、問題が解決するまでアップデートを行わないことを推奨しています。

MacRumorsによると、macOS High Sierraでは、AutoCAD 2017、Civilization V、DiskWarrior 5.0、Ulysses 3、2Do、Transmit Version 5などいくつかのソフトが正常に動作しないとのこと。またMicrosoft Office for Mac 2011はmacOS High Sierraをサポートしないことが分かっています。各種情報はMacRumorsのフォーラムにまとめられています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする