Apple、32bit版Macアプリも退場へ

シェアする

Applestateoftheunion

AppleはiOS 11のベータ版で32bitアプリをサポートしない方針を明らかにしていますが、これに引き続きmacOSでも32bitアプリ廃止の動きを推し進めていることが判明しました(MacRumors)。

WWDCのPlatform State of the Union基調講演によると、macOS High Sierraは妥協することなく32bitアプリをサポートする最後のmacOSとなるそうで、Mac App Storeに登録されるアプリは2018年1月から新規アプリが、2018年6月からは更新されるアプリを含め、全てのアプリが64bit化必須となる模様。

macOS High Sierraの次のmacOSから、Appleは32bitアプリに対して"積極的"に警告を表示するようになり、段階的に廃止を進めていく計画とされています。

32bitappsios11

iOS 11では、32bitアプリを起動すると以下のようなアラートがポップアップし、どちらのボタンを選んでもアプリを起動することはできない状態となっています(インストールも不可)。

MacRumorsのコメント欄には、Appleが古いソフトウェア資産を早期に切り捨てていく姿勢に対し、批判の声も集まっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする